ガールズ ニュース ポッド

最新記事 2chまとめ/ニュース

彼女の元カレが10代から車好きで車改造したりプロ級だった結果wwwwwwwwwww

81: 名無しの恋愛速報さん 2015/09/28(月) 01:43:27.76 ID:VtGJyA0/0 彼女が俺の車の運転に些細な事でもこれでもかと言うくらいボロクソに言う。 駐車1回切り返した程度で下手糞、一発でいれなきゃおかしいと大ブーイング。 そりゃ俺だって100点満点の運転ではないだろう...

恋愛速報

リアル王子様!超年下の外国人を落とした日本女性の嘘みたいな実話3

外国人との恋愛、人生のうちに一度はしてみたい事の一つですよね。海外において日本人女性は実際にモテます。とはいえ海外で素敵な恋に落ちたとしても、結婚まで結びつくケースはとても稀。今回は海外居住歴合計7年以上の筆者が、そんな中でも、超年下の外国人と大恋愛の末結婚したという日本女性の、夢のような実話を3つご紹介します。

Menjoy! メンジョイ

マタニティーブルーの嫁が息子を連れて実家に帰ったまま戻ってこない。義母に将来や育児の不安を愚痴ったら、義母が「お前は血が繋がってないから他人。孫は私が厳しく立派に育てる」

引用元:【常識?】義実家おかしくない? 97【非常識?】 4:名無しさん@HOME : 2017/03/13(月)11:23:13.26 ID: 0.net 嫁と孫は私の血が繋がってるから宝でお前は他人だと言われ 後日娘 […]

ふよふよ速報。

回転寿司で。彼女『握りたて食べないとダメ!』俺「食べたいネタあるし…」彼女『注文する』→顔を見るのも嫌になり…

引用元: ・百年の恋も冷めた瞬間 Open 5年目727: 名無しさん@おーぷん 2016/11/14(月)11:01:01 ID:e6S 付き会いだして二人きりで行動することが増えると彼女の微妙なこだわりを「こうした方がいいんだよ?」と上から目線でアドバイスされるのが嫌になった回転寿司に行って...

結婚速報

元SMAP対決は「視聴率はキムタク、演技は草なぎ」だった、冬ドラマ視聴率ランキング!

 続々と最終回を迎えた冬ドラマ。期間平均視聴率をランキングで振り返ります(ビデオリサーチ調べ、関東地区/クールまたぎ除く)。<strong>1位『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)14.5%2位『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)11.4%3位『嘘の戦争』(フジテレビ系)11.3%4位『就活家族』(テレビ朝日系)9.9%5位『スーパーサラリーマン左江内氏』(日本テレビ系)9.5%6位『視覚探偵 日暮旅人』(日本テレビ系)9.2%7位『カルテット』(TBS系)8.9%8位『下剋上受験』(TBS系)8.2%9位『突然ですが、明日結婚します』(フジテレビ系)6.6%10位『嫌われる勇気』(フジテレビ系)6.5%</strong><h4 class=”line”>キムタク以上でも以下でもなかった『A LIFE』</h4> 初回15%を超えるドラマがなく、軒並み低調で始まった今期ですが、終わってみると期間平均2ケタは3作品のみ。2~3年前から「15%超えが合格点」などと言われてきましたが、瞬く間に2ケタを取ることがスポーツ紙などに「好調」と報じられる基準となってしまいました。 そんな中、トップは、キムタクがシアトル帰りの天才外科医に扮した『A LIFE~愛しき人~』。リアルな手術シーンがウリだったため、キムタクは手術の練習用キットを自前で購入し、“糸結び”の練習を続けたそうです。が、リアリティーを押し出した作風の中にチラチラ現れるファンタジーな展開に、医療現場からは「難しい脳腫瘍の手術を、専門外の医師が行うなどあり得ない」「『絶対に救う』なんてセリフは、医療現場ではありえない」「視聴者に誤解や混乱を招く」といった声も上がりました。 また、毎度ながら、キムタクを「少年ジャンプ」のヒーローのような扱いで描いた同作ですが、物語が進むにつれ、浅野忠信演じる壮大の行く先や、浅野の怪演ばかりが話題に上るように。ネット上では、「本当の主役は浅野だった」という声まで見受けられます。で、キムタクの演技はというと、キムタク以上でもキムタク以下でもなく、いつものキムタクでした。※『A LIFE』全話レビューは<a href=”http://www.cyzo.com/mt/mt-search.fcgi?IncludeBlogs=1&tag=A%20LIFE%EF%BD%9E%E6%84%9B%E3%81%97%E3%81%8D%E4%BA%BA%EF%BD%9E&limit=50″target=”_blank”><u>こちら</u></a><!– Separator for PageBute –><h4 class=”line”>見事な尻すぼみを見せた『東京タラレバ娘』</h4> 2位は、吉高由里子主演『東京タラレバ娘』。原作コミックは「恋愛指南書よりよっぽど役に立つ」とバカ売れ。キャストのルックスの再現率も高く、期待していた視聴者が多かったようです。しかしフタを開けると、後半に進むにつれ「リアルな女の恋愛模様」という“根っこの部分”が原作からどんどん離れていき、最終回ではすっかり“月9”的な子ども向けの恋愛ドラマの仕上がりに。 脚本家は、『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)などのヒットドラマを手掛けた方ですから、この改悪ぶりは、裏でいろいろなしがらみを強いられたとしか思えません。 ただ、大方のキャストの演技はすごくよかった。特に、元AKB48・大島優子の成長ぶりが感じられるドラマでした。※『東京タラレバ娘』全話レビューは<a href=”http://www.cyzo.com/mt/mt-search.fcgi?IncludeBlogs=1&tag=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%82%BF%E3%83%A9%E3%83%AC%E3%83%90%E5%A8%98&limit=50″target=”_blank”><u>こちら</u></a> 3位の草なぎ剛主演『嘘の戦争』は、放送中にとにかく草なぎの熱のこもった演技が絶賛されていた作品。放送前には、SMAP繋がりで『A LIFE』との視聴率争いが話題になっていましたが、「視聴率はキムタク、演技は草なぎ」という至極平和的な結果となりました。 同作は、『銭の戦争』からの「戦争」シリーズですが、この評判を見る限り、3作目もありそうですね。草なぎの独立問題がキモとなりそうですが……。※『銭の戦争』全話レビューは<a href=”http://www.cyzo.com/mt/mt-search.fcgi?IncludeBlogs=1&tag=%E5%98%98%E3%81%AE%E6%88%A6%E4%BA%89&limit=50″target=”_blank”><u>こちら</u></a><!– Separator for PageBute –><h4 class=”line”>カルテットロス民続出も数字伸びず</h4> 7位の松たか子主演『カルテット』は、熱烈ファンは多いものの、視聴率は撃沈。同枠前クールの『逃げるは恥だが役に立つ』が最終回で20%超えを達成しているだけに、第9話以外1ケタだった同作の不調ぶりが際立ちます。 ただ、会話劇という作風や、胸に残るセリフの数々、メーンキャストが歌うテーマソングなど、制作サイドの強い意欲が垣間見える作品だっただけに、ネット上でも「最高のドラマ」「余韻がいつまでも残るドラマ」といった声が目立ちます。ただまあ、若い子はあまり興味ないでしょうね……。 9位の月9『突然ですが、明日結婚します』は……、もう特に何も言うことはないので、気になる方は当サイトのレビューを読んでください。ライターのどらまっ子AKIちゃんが毎週、ウンザリした顔でドラマを観て、血を吐きながら書いていましたので……。※『突然ですが、明日結婚します』の全話レビューは<a href=”http://www.cyzo.com/mt/mt-search.fcgi?IncludeBlogs=1&tag=%E7%AA%81%E7%84%B6%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%8C%E3%80%81%E6%98%8E%E6%97%A5%E7%B5%90%E5%A9%9A%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99&limit=50″target=”_blank”><u>こちら</u></a> 10位は、予想通り大コケしてしまった香里奈主演の刑事ドラマ『嫌われる勇気』。先月上旬、「日本アドラー心理学会」から「アドラー心理学の一般的な理解とは、かなり異なっている」と抗議文が送りつけられた同作ですが、何事もなかったかのように完走しました。 ちなみにこのフジの「木曜劇場」枠ですが、『白い巨塔』『Dr.コトー診療所2006』『電車男』など数々の大ヒット作を生み出してきたものの、2011年のフジテレビデモを境に、すっかり“ドンズベリ枠”に。フジの凋落ぶりが明確に読み取れるドラマ枠という印象です。次クールの桐谷美玲主演『人は見た目が100パーセント』がとっても心配……。 というわけで、トップ3はTBS、日テレ、フジが1本ずつランクインした今クール。ただ結局のところ、NHKの朝ドラや、22日に最終回を迎えた『相棒season15』(テレビ朝日系)の数字には到底届かないというのが現状です。なお、日刊サイゾーでは今後も全話レビューに力を入れていく予定ですので、4月クールもぜひチェックしてくださいね。(文=どらまっ子TAMOちゃん)

サイゾーウーマン

耐荷重100kg、イスとしても使える。玄関に置いておきたい防災バッグ

4月が近づいて、新生活に心ときめかす人も多いだろうが、忘れないで欲しいのが「防災グッズ」。そう、悲しいかな、私たちの国・日本は、常に地震の危険にさらされているのだ。 本日紹介するのは、「スツールバッグ」。少し大きめなバッグに見えるが、れっきとした防災バッグだ。 避難する時に見た目なんて気にしてられない、と思う人がいるだろう。しかし、実際には防災グッズを、最大限に生かすためには重要なファクターだ。

roomie(ルーミー)