ガールズ ニュース ポッド

芸能・映画 2chまとめ/ニュース

ファンタジックな世界観で謳う「親子の絆」が暴力になるとき。胎内記憶の罪を医師が解き明かす

 毒親が原因で鬱を発症し15年近く精神科へ通っている女性が、なんちゃってセラピストに傷をえぐられた――。前回のコラム「自称セラピストに転身した親友から『毒親を愛せ、許せ』と詰め寄られた女性の苦悩」でご紹介した体験談は、〈素人が安易にセラピーもどきを行う危険性〉や、つらい成育歴を持つ人にとって〈子どもは親を選んで生まれてくる〉なる思想がいかに暴力であるかを、切実に感じさせるものでした。 今回はその問題点をさらに掘り下げるべく、医師2名にご登場いただき、〈子どもが親を選んで生まれる〉という思想をふりまく〈胎内記憶〉の闇に迫っていきましょう。 改めて、「胎内記憶」を説明しよう。それは〈胎児の頃の記憶および、母親のお腹に宿る以前の記憶〉だといわれています。「生まれる前の記憶を持ってこの世に誕生する子どもがいる」とするこの考えは、〈親学推進協会〉の特別委員を務める産婦人科医・池川明氏が提唱しているもの。そして同氏の独自調査をした結論として、次のようなぶっとんだお説が登場するのです。精子、卵子にも記憶がある!? 同氏の著書である『胎内記憶でわかった子どももママも幸せになる子育て』(誠文堂新光社)をはじめ、さまざまなメディアでこんなことが語られています。「100パーセントの子どもが言うのです。『お母さんを幸せにするために生まれてきたんだ』 多くの子どもたちがそう言うのですから、信じざるを得ません」 これがどのような調査によるものかは『胎内記憶 命の起源にトラウマが潜んでいる』(角川SSC新書)で紹介されています。同書では、子どもたちの語る内容が多岐にわたるため、胎内記憶を便宜上次のように分類。 1・胎内記憶(胎芽から誕生直線までの記憶)  2・誕生記憶(陣痛が始まってから誕生直前までの記憶) 3・新生児乳児記憶  4・受精(受胎)記憶(受精〈受胎時〉の記憶)  5・精子記憶(精子としての記憶) 6・卵子記憶(卵子としての記憶) 7・中間生記憶(前世の終了時から受精までの記憶) 特に5と6の、トンデモレベルが凄まじいのは過去記事(でも触れたとおり。とある男性は「たくさんの仲間と競争して、大きな玉(卵子)に一番でたどり着いた」と語り、ある女性は「卵子だったとき、精子がたくさん押し寄せてきたのが怖かった」なる記憶を思い出したと、真剣に紹介されているのですから。 確かに近年の研究により、胎内で胎児の触覚・聴覚・嗅覚などの五感が機能しはじめることは分かってきています。しかしそこから「胎内記憶はありまぁす」というお説へ展開するのは、バンジージャンプ級の飛躍としか思えません。生物・科学の知識はおろか、教養すらカスッカスな自分でも、「ないわー!」とコーヒー吹いたレベルです。胎内記憶はニセ科学なのか ところがどういうわけか、巷の各種メディアでは「生命の神秘!」「親子の絆!」といったノリで、子育てに奮闘中の親たちを癒す感動ストーリーとして好意的に取り上げられるので、「ほっこりできりゃなんでもいいのかよ!」驚くばかり。私は、胎内記憶周辺の「子どもに選ばれた私たち」という優越感に気持ち悪さを感じるのですが、巷のみなさまは、そんなことないのかしら~。 今年の春に「あたしおかあさんだから」で大炎上した、激安感動ストーリーがお得意な絵本作家のぶみ氏もこの物件がお気に入りなようで、絵本『このママにきーめた!』(サンマーク出版)や、初の大人向けエッセイ(?)『かみさま試験の法則 つらい時ほどかみさまはちゃんと見てる』(青春出版社)でも、胎内記憶を大活用。 ハートウォーミングな物語が好物という印象のある「誕生学」創始者・大葉ナナコ氏も、生活総合情報サイト「All About(オールアバウト)」で胎内記憶について語っています。「子どもが胎内記憶を話すか話さないかはさておき、おなかの中にいたときのことを一緒に語り合うことで、親子関係を深めるきっかけにもなるのでは」と(「いのちの神秘「親を選んで生まれてきた」という子どもたち」より)。『こどもはママのちっちゃな神さま』(ワニブックス)の著者である親子セラピスト・長南華香(ちょうなん・はなこ)氏は、自分自身と子どもが胎内記憶を持つことを公言。そこから、さまざまなスピ系育児講座やセラピスト養成講座(もちろん有料&高額)を展開している有様。 胎内記憶はほかにも、妊活講座、セラピー、ヨガ、マッサージ、育児コミュニティ、被災話、各種ママ向けイベントetc……今やあらゆるところで見かけることのできるコンテンツになっており、そこそこ人気を集めていることがわかります。 胎内記憶の話を、「単なる親子コミュニケーションのひとつなのでは?」と思う人もいそうです。しかしこれは、「ニセ科学」と解釈していい物件です。ニセ科学とは、それらしい説明で一見科学のように見せかけているが、実は科学と呼べないものの総称で、別名・疑似科学、エセ科学。このジャンルに分類される有名どころは、ホメオパシーやマイナスイオン、EM菌、経皮毒、水素水、脳トレなど多岐にわたります。 一応、池川医師は「胎内記憶が正しいかどうか科学的に解明するつもりはない」「子育てに役立てるためのもの」と語っています。しかし著作では「胎芽が母親のホルモンに影響を受ける」だの「脳が形づくられる前から個々の細胞に体験が蓄積される」など、科学的な表現を多用しているので、そこから胎内記憶をエビデンスのあるものと勘違いする人も少なくないでしょう。精神科医と産婦人科医はどう見る? そこで、まずは〈胎内記憶が科学的にありえるのか?〉という点について、精神科と産婦人科の医師2名からお話をうかがいつつ、マジにつっこんでみたいと思います。 胎内記憶の主な調査法は、母親にアンケートを配布し、子どもが胎内記憶や誕生記憶を話したことがあるかどうかを回答してもらうという方法が主流。この点を、精神科医の松本俊彦医師は「科学的かどうかを評価するには、池川氏とまったく関わりのないほかの研究者が同じ調査をして、同じような結果を確認できるということが必要である」と説明。しかし日本では、池川医師以外の研究者は存在しないよう。松本「しかも子どもは大人の求める答えを忖度しながら答えるだろうし、かなり空想的であると言えます。つまり供述された内容の妥当性を確認しようがないと思われるので、どちらにしても科学的な証明は難しいでしょう」 池川氏と同じ産婦人科医である太田寛医師は「子どもが話す状況で、大人が誘導をかけていないかどうかという点に、疑問を覚えます」と指摘。太田「そもそも記憶というのは今のところ、脳の神経細胞の中に保存されることになっているんですが、精子や卵子に記憶があると言われてしまうと、まだ神経細胞でもない細胞なのにどうやってその記憶をキープしていたのか、しくみがわかりません」ないとは言い切れない、けれど。太田「あり得るとすれば、親が子どもに『あなたがお腹にいたときはこうだったんだよ』と言い続けていれば、子どもはそれが自分の記憶と勘違いすることです。親の話を、子どもが単に反芻しているということはあるでしょう。しかし〈胎内記憶はない〉とは、言い切れません。でもそれは、ないことを証明するのは難しい、いわゆる〈悪魔の証明〉を求めているのに等しい。あると言い続ければ本当にあるように思えてしまう点が、すごくずるいですよね。科学的に解明するための問題提起、いわゆるきっかけとしてであれば、子どもに聞き取りをするという調査もありかもしれませんが」 いくら池川医師がそれっぽく語っても、胎内記憶がスピリチュアルの域を出ないことは確かなようですね。 さて先生方のお話がはじまったばかりですが、続きは後篇にて! 後篇では、胎内記憶最大の問題点〈自己責任論〉や、胎内記憶研究の正当性を謳う〈ナラティブ〉という概念について、話を進めていくことにしましょう。

サイゾーウーマン

King&Prince・平野紫耀、『花のち晴れ』で“演技力不足”露呈も「スタッフ評抜群」のワケ

 5月23日に「シンデレラガール」でCDデビューを果たした「King&Prince」のメンバー・平野紫耀。彼は現在、連続ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系)に、主人公・江戸川音の相手役・神楽木晴として出演中。ゴールデン/プライム帯の連ドラに初出演とあって、ファンは毎週平野の活躍を楽しみにしているが、撮影開始当初、その“演技”は、現場からかなり不安視されていたようだ。 『花のち晴れ』は、井上真央と嵐・松本潤のコンビで大ヒットしたドラマ『花より男子』(同)の後続作品で、放送前の期待値は高かったものの、視聴率は伸び悩みを見せているという。「初回から7.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、第2話も7.9%と、数字的にはパッとせず。『花男』で花沢類を演じた小栗旬がゲスト出演した第3話が現状の最高値で、それでも9.6%と、2ケタには届きませんでした」(芸能ライター) そんな同作の撮影現場で、平野の存在は「当初、思いっきり浮いていた」(制作会社スタッフ)ようだ。「ずばり、“演技力不足”が露呈してしまったそうなんです。出演陣の中では、主演の杉咲花がずば抜けて演技力が高く、また男性出演陣の中川大志、濱田龍臣も、抜群にうまいというわけではないものの、場数を踏んでいるだけあって安定感があります。それに、オーディションで役を勝ち取った今田美桜も、まだ無名ながら光るものを感じさせますね。ところが、そんな共演者たちに囲まれると、平野の芝居は相当浮いてしまい、特に杉咲とのシーンでは、スタッフから不安の声が漏れていたんだとか」(制作会社スタッフ) しかし初回、第2話と撮影が進んでいくうち、次第に周囲の平野に対する評価が変わってきたという。「晴の“ヘタレっぷり”が、平野の演技力不足に妙にマッチして、次第に違和感がなくなっていったとか。それに、彼の前向きに作品に取り組む姿勢や、いつも明るく現場を盛り上げようとする姿が、周囲から認められていったそうで、今では『ルックスに華があるし、やっぱりスター性は持ち合わせている』と、すっかりチームの中心的存在になっているといいます。現場で彼を悪く言う人はいないとのこと」(同) しかしやはり一番の問題は、9.6%で頭打ちとなりつつある視聴率だろう。キンプリデビューの相乗効果で、なんとか2ケタに到達してほしいものだが……。 

サイゾーウーマン

「外国人バー」で捨て身のナンパ大作戦!? オーストラリアの英語講師とカラオケで運命の出会い

 前回の「出会い系で山芋ちんこ事件」で、少々しぼんだ私。 正直、ショックすぎた……。 しょっぱなからあんな珍物件を引き当ててしまった、しかもセカンド扱いされそうになった、さらには目に焼きついて離れない迫り来るあの霜降りボディー、愛もロマンのかけらもない、獣としてるようなH。私にはこんな物件しか巡ってこないのか……と。 出会い系がだめなら“生け捕り作戦”!? 気になる「外国人バー」に突撃! (前回はこちら:こぶし大のチンコがボロリ!? 碧眼イケメンの“逆サプライズ”に失神寸前の「肉弾バトル」)  当時は外専女子が私の周りにいなかったので、包茎とか、脱いだら異常な霜降り体系なんてよくあることなのか? ということすらわからず。唯一、外国人数人と付き合った経験があるという友人に“山芋ちんこ”のことを話してみたものの「宗教の都合で皮かぶってる、っていうのは聞いたことがあるけど……」という回答しか得られず。ちなみにその友人ですら、“山芋ちんこ”にはまだお目にかかった事がないそう。  新宿はゴールデン街にある、友人の働く飲み屋「A」(仮)に集う友人たちからは、こぞって「出会い系サイトに良い人なんているわけないじゃん」という意見をいただきました。そりゃそうだ。だけどそんなサイトでも使わないと外国人に出会うチャンスがない。もしかしたら、万が一、いや、億が一、運命の人に巡り合えるかもしれないじゃないか……! そう心の中で抵抗しつつも、いったん作戦を変更して、「生け捕り」作戦に切り替える事にしました。要するにナンパです。もうそれしかほかに方法が見当たらない! 実は私には、以前から気になっているお店がありました。ゴールデン街が外国人向けのガイドブックに取り上げられはじめたことで、外国人の姿をちらほら見かけるようになっていたのですが、「A」の近くに、外国人がひときわたむろしているお店が……。 私は「A」を抜け出し、まずはそこへ偵察に行くことに。 お店を覗いてみると、カラオケがメーンのバーのようで、お客さんの8割が外国人。薄暗い店内ではガンガンカラオケを流していて、外にも人があふれている。外国人がうようよしている光景に胸が高鳴り、「ここはやっぱり“狩り場”だ!」と確信。……が、しかし、ほろ酔いでナンパできる根性は当時なかったので、「A」に戻ってもう一杯ひっかけ。改めて「狩りに行ってくる!」と宣言し、準備万端で小走りしながらその店に向かったのでした。    店内を見回すと、べろんべろんに酔った、Tシャツがピタピタの太った外国人おっさんたちが目立つ……。しかし諦めずに目を凝らして見渡すと、スーツ姿の外国人男性2人組が! そろっと近づいてお顔を拝見すると、2人のうち片方は、ブロンドにブルーアイ、若い頃のアレックス・ペティファーに似た奇跡的なかわいい系イケメンではないか! 「よし、狩るぞ!」と、酒を手にしてタイミングを見計らう私。「なんだ、お前?」とか言われないか内心ドッキドキ、それでも勢いにまかせて「かんぱ〜い!!」なんて言いながらその2人の中に入っていくと、彼らはノリノリで「イエーイ!」と応えてくれたのです! やっぱり外国人はノリがいい……!! 聞くと、2人は日本で、英会話の講師として働いているという。狙い通り! 私がスーツ姿の外国人を選んだのは、スーツ好きってワケじゃありません。日本で働いている(=日本に暮らしている)確率が高いと踏んだからなのです。私の狙った彼の名はエリック、オーストラリア出身。私より3歳くらい年下……年下なんて新鮮! カラオケ歌おうよ、と誘われ「私は恥ずかしくて歌えないから、あなた歌ってよ」と言うと「いいよ、何がいい?」なんて答えるので、私の大好きなベタベタのラブソングをリクエスト。私が外専女子になったきっかけであるBON JOVIの、メジャーでもない曲をしっかりと歌い上げた彼は、酔いも手伝ってか、とてつもなくイケている。まさしく私の運命の人かもしれない……。そんな気持ちで、彼の横顔をうっとりと眺めていました。 さて、ひとしきりカラオケを楽しんだ後、思い切って「またあなたに会いたいから、メアドと電話番号教えてくれる?」と言うと、快くメアド交換。よかった、今夜一回きりの飲み仲間で終わらないんだ! 「じゃあ帰るね」とその場を離れようとすると、エリックは「またね」とハグしてくれた。若いフレッシュな香水と少しの汗が混じったなんとも言えない甘い香りがその瞬間、ふわっと私を包み……。「狩り成功、あの山芋の悪夢はエリックが洗い流してくるんだわ!」と確信して、浮かれ足で家路についたのでした。 つづく。(隔週火曜日・次回は6月5日更新)<著者プロフィール> 音咲椿(おとさき・つばき) 男性向けグラビア誌編集長を経て、ポット出版社刊「女の子×女の子のためのエロチックブック・Carmilla」にてイラスト・漫画家デビュー。 単行本「イケメン外国人たちとベッドで異文化交流した結果。」(ぶんか社刊)好評発売・配信中。テレビ出演多数。 

サイゾーウーマン

「ViVi」現役モデルのAV出演、きっかけは「恵比寿でスカウト」!? “読モ貧乏”の現状は

 5月21日発売の「週刊大衆」(双葉社)で、元・国民的アイドルグループの研究生と思しき女性が、素人AV動画に出演していると報じられた。 問題の作品は、AVメーカー・プレステージが運営している人気アダルト動画サイト「MGS動画」で配信されている『【初撮り】ネットでAV応募→AV体験撮影 638』。「大衆」によると、動画に出演している「りさ」と名乗るショップ店員は、ホクロの位置、インスタグラムにアップされていたネイルなどが、当該女性と一致しているという。 そもそも、その女性とは一体どんな人物なのか? アイドル誌関係者はこう語る。「彼女は、国民的アイドルグループの研究生としては、2007年の5月から11月の短い期間しか在籍していない、知る人ぞ知る存在でした。その後、ショップ店員などをやりながら、『ViVi』(講談社)をはじめ、有名女性ファッション誌で読者モデルをやっていた。少なからず女性ファンもいたようです」(アイドル誌関係者) しかし、元アイドルで現役読モという華やかな肩書を持つ女性が、そう簡単に“AV落ち”するものなのだろうか。「その可能性は大いにあります」 そう話してくれたのは、都内に住む30代の現役アイドルオタである。「グループ初期を知るオタからすると、彼女はやんちゃなイメージが強いんです。当時は日焼けした黒ギャルで、清楚系ばかりのグループの中で浮いた存在でした。しかもグループに入って数カ月後、未成年でありながらクラブのイベントでテキーラを一気飲みして泥酔した姿が目撃されています。07年11月に活動を辞退したのも、その飲酒騒動でクビになったのではないか? という噂もあるくらい。どうも彼女は“リア充”で“パリピ系”のノリの子らしいんですよ」(現役アイドルオタ) そのノリは、グループを辞めてから10年たった今も、あまり変わっていないらしい。「実は数年前から、中目黒や恵比寿や西麻布などの盛り場で、酔っ払っている彼女の姿が多数目撃されているんです」(同) この地域は、AVスカウトマンやその関係者たちの漁場らしい。あるAV関係者からこんな証言を得た。「現在、AV界には強要問題などの逆風が吹いています。また各自治体にスカウト行為を禁止する迷惑防止条例が存在しているため、表立って女の子をスカウトすることが難しくなっています。そのため多くのスカウトマンたちは、中目黒や恵比寿、西麻布などの盛り場にいる遊び人たちに、『もしAVに興味がある女の子がいたら紹介してよ。バック(お金)はしっかり払うから』とスカウト行為を委託しているんです。彼女が現在も夜遊び好きだとしたら、これらの盛り場界隈からAV業界につながった可能性が高いですね。元・国民的アイドルグループで現役読モという肩書は、AV業界にとってみれば喉から手が出るほど欲しい存在ですから」(AV関係者) また、あるファッション関係者からはこんな話も飛び出している。「アイドル活動を辞めた後の彼女は、読者モデルやショップ店員をやっていたようですが、それらは決して儲かる商売ではない。読モブームが起きた00年代後半〜10年前後まで、読モは儲かる職業でした。メーカーの依頼でファッションアイテムやコスメを紹介するだけで5〜30万もの金額が手に入った。しかし、ファストファッションが流行・定着してから、ファッション業界は深刻な経営危機に陥っています。読モに大金をバラまくようなことはしなくなりました。もし彼女がAVに出ているとしたら、それはファッション業界の不振が遠因とも言えますね」(ファッション関係者) 現時点では、当該女性が『【初撮り】ネットでAV応募→AV体験撮影 638』の「りさ」であるというメーカー側の公式発表は出ていない。今後も状況を注視していきたい。(取材・文/明日香マコト)

サイゾーウーマン