ガールズ ニュース ポッド

芸能・映画 2chまとめ/ニュース

元SMAP対決は「視聴率はキムタク、演技は草なぎ」だった、冬ドラマ視聴率ランキング!

 続々と最終回を迎えた冬ドラマ。期間平均視聴率をランキングで振り返ります(ビデオリサーチ調べ、関東地区/クールまたぎ除く)。<strong>1位『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)14.5%2位『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)11.4%3位『嘘の戦争』(フジテレビ系)11.3%4位『就活家族』(テレビ朝日系)9.9%5位『スーパーサラリーマン左江内氏』(日本テレビ系)9.5%6位『視覚探偵 日暮旅人』(日本テレビ系)9.2%7位『カルテット』(TBS系)8.9%8位『下剋上受験』(TBS系)8.2%9位『突然ですが、明日結婚します』(フジテレビ系)6.6%10位『嫌われる勇気』(フジテレビ系)6.5%</strong><h4 class=”line”>キムタク以上でも以下でもなかった『A LIFE』</h4> 初回15%を超えるドラマがなく、軒並み低調で始まった今期ですが、終わってみると期間平均2ケタは3作品のみ。2~3年前から「15%超えが合格点」などと言われてきましたが、瞬く間に2ケタを取ることがスポーツ紙などに「好調」と報じられる基準となってしまいました。 そんな中、トップは、キムタクがシアトル帰りの天才外科医に扮した『A LIFE~愛しき人~』。リアルな手術シーンがウリだったため、キムタクは手術の練習用キットを自前で購入し、“糸結び”の練習を続けたそうです。が、リアリティーを押し出した作風の中にチラチラ現れるファンタジーな展開に、医療現場からは「難しい脳腫瘍の手術を、専門外の医師が行うなどあり得ない」「『絶対に救う』なんてセリフは、医療現場ではありえない」「視聴者に誤解や混乱を招く」といった声も上がりました。 また、毎度ながら、キムタクを「少年ジャンプ」のヒーローのような扱いで描いた同作ですが、物語が進むにつれ、浅野忠信演じる壮大の行く先や、浅野の怪演ばかりが話題に上るように。ネット上では、「本当の主役は浅野だった」という声まで見受けられます。で、キムタクの演技はというと、キムタク以上でもキムタク以下でもなく、いつものキムタクでした。※『A LIFE』全話レビューは<a href=”http://www.cyzo.com/mt/mt-search.fcgi?IncludeBlogs=1&tag=A%20LIFE%EF%BD%9E%E6%84%9B%E3%81%97%E3%81%8D%E4%BA%BA%EF%BD%9E&limit=50″target=”_blank”><u>こちら</u></a><!– Separator for PageBute –><h4 class=”line”>見事な尻すぼみを見せた『東京タラレバ娘』</h4> 2位は、吉高由里子主演『東京タラレバ娘』。原作コミックは「恋愛指南書よりよっぽど役に立つ」とバカ売れ。キャストのルックスの再現率も高く、期待していた視聴者が多かったようです。しかしフタを開けると、後半に進むにつれ「リアルな女の恋愛模様」という“根っこの部分”が原作からどんどん離れていき、最終回ではすっかり“月9”的な子ども向けの恋愛ドラマの仕上がりに。 脚本家は、『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)などのヒットドラマを手掛けた方ですから、この改悪ぶりは、裏でいろいろなしがらみを強いられたとしか思えません。 ただ、大方のキャストの演技はすごくよかった。特に、元AKB48・大島優子の成長ぶりが感じられるドラマでした。※『東京タラレバ娘』全話レビューは<a href=”http://www.cyzo.com/mt/mt-search.fcgi?IncludeBlogs=1&tag=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%82%BF%E3%83%A9%E3%83%AC%E3%83%90%E5%A8%98&limit=50″target=”_blank”><u>こちら</u></a> 3位の草なぎ剛主演『嘘の戦争』は、放送中にとにかく草なぎの熱のこもった演技が絶賛されていた作品。放送前には、SMAP繋がりで『A LIFE』との視聴率争いが話題になっていましたが、「視聴率はキムタク、演技は草なぎ」という至極平和的な結果となりました。 同作は、『銭の戦争』からの「戦争」シリーズですが、この評判を見る限り、3作目もありそうですね。草なぎの独立問題がキモとなりそうですが……。※『銭の戦争』全話レビューは<a href=”http://www.cyzo.com/mt/mt-search.fcgi?IncludeBlogs=1&tag=%E5%98%98%E3%81%AE%E6%88%A6%E4%BA%89&limit=50″target=”_blank”><u>こちら</u></a><!– Separator for PageBute –><h4 class=”line”>カルテットロス民続出も数字伸びず</h4> 7位の松たか子主演『カルテット』は、熱烈ファンは多いものの、視聴率は撃沈。同枠前クールの『逃げるは恥だが役に立つ』が最終回で20%超えを達成しているだけに、第9話以外1ケタだった同作の不調ぶりが際立ちます。 ただ、会話劇という作風や、胸に残るセリフの数々、メーンキャストが歌うテーマソングなど、制作サイドの強い意欲が垣間見える作品だっただけに、ネット上でも「最高のドラマ」「余韻がいつまでも残るドラマ」といった声が目立ちます。ただまあ、若い子はあまり興味ないでしょうね……。 9位の月9『突然ですが、明日結婚します』は……、もう特に何も言うことはないので、気になる方は当サイトのレビューを読んでください。ライターのどらまっ子AKIちゃんが毎週、ウンザリした顔でドラマを観て、血を吐きながら書いていましたので……。※『突然ですが、明日結婚します』の全話レビューは<a href=”http://www.cyzo.com/mt/mt-search.fcgi?IncludeBlogs=1&tag=%E7%AA%81%E7%84%B6%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%8C%E3%80%81%E6%98%8E%E6%97%A5%E7%B5%90%E5%A9%9A%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99&limit=50″target=”_blank”><u>こちら</u></a> 10位は、予想通り大コケしてしまった香里奈主演の刑事ドラマ『嫌われる勇気』。先月上旬、「日本アドラー心理学会」から「アドラー心理学の一般的な理解とは、かなり異なっている」と抗議文が送りつけられた同作ですが、何事もなかったかのように完走しました。 ちなみにこのフジの「木曜劇場」枠ですが、『白い巨塔』『Dr.コトー診療所2006』『電車男』など数々の大ヒット作を生み出してきたものの、2011年のフジテレビデモを境に、すっかり“ドンズベリ枠”に。フジの凋落ぶりが明確に読み取れるドラマ枠という印象です。次クールの桐谷美玲主演『人は見た目が100パーセント』がとっても心配……。 というわけで、トップ3はTBS、日テレ、フジが1本ずつランクインした今クール。ただ結局のところ、NHKの朝ドラや、22日に最終回を迎えた『相棒season15』(テレビ朝日系)の数字には到底届かないというのが現状です。なお、日刊サイゾーでは今後も全話レビューに力を入れていく予定ですので、4月クールもぜひチェックしてくださいね。(文=どらまっ子TAMOちゃん)

サイゾーウーマン

バッグは紙袋で、握力計みたいなペンラも!? 『ジャニーズJr.祭り』のグッズが壊滅的にダサい

 Mr.KING、Prince、HiHi Jet、東京B少年など、人気ジャニーズJr.のユニットが多数出演するコンサート『ジャニーズJr.祭り』が、3月24日~26日に横浜アリーナで開催される。5月3日には大阪城ホールに会場を移して公演を行う予定で、これからしばらくJr.ファンを楽しませてくれそうだ。 公演に先駆けて、23日にはコンサートグッズのプレ販売が横浜アリーナにて行われた。ペンライトやジャンボうちわなど、ジャニーズアイドルのコンサートでは定番のグッズが販売されているのだが、“祭り”を意識しすぎた斬新なデザインの数々に、ファンが騒然としている。 まず目を引くのは「オリジナルペンライト」。なんと和太鼓の形をしており、「祭」と書かれた鼓面の部分が光る仕様になっている。台座に見立てた持ち手がついているのだが、実際に持った様子が“握力計”に似ているとファンの間で話題に。■続きを読む

サイゾーウーマン

きっかけは赤面症!?時代劇の悪役から「エースをねらえ!」宗方コーチ!中田浩二の声優人生に迫る【声優伝説】

「必殺仕事人」や「暴れん坊将軍」「水戸黄門」シリーズといった時代劇の悪役俳優として30年ものキャリアを持ち、劇団櫂(かい)の主宰者、声優としては映画『シェーン』(1953)のアラン・ラッドをはじめ映画や海外ドラマ、「忍風カムイ外伝」(1969)のカムイ役、「エースをねらえ!」(1973)の宗方仁役などアニメ、テレビCMで知られる中田浩二さんが、その声優人生を語った。 ... 続きを読む

シネマトゥデイ

Sexy Zone・中島&菊池、揃って大学卒業! ジャニーズたちの卒業・進学“最新”事情は?

 芸能活動と並行して大学に通っていたSexy Zone・中島健人&菊池風磨が、この春で無事に学校を卒業し、4月からは正式に“社会人”の仲間入りを果たすことになった。また、4月から大学へ進学する者や、今回高校や大学を卒業した者など、人気ジャニーズJr.の進路も明らかになってきている。 中島は2012年4月に、父親の母校でもある明治学院大学社会学部に入学。14年版の学校案内パンフレットに登場したほか、同年7月に行われたオープンキャンパスのトークショーにサプライズ出演するなど、同校のPRにも積極的に関わっていた。 ところが、中島は個人でもドラマや映画など多方面で活動していたこともあり、4年での卒業は厳しかったのだろう。昨年3月には公式携帯サイト・Johnny’s webの連載「薔薇色の日々」の中で、「あっおれねもう少し大学通うんです。秋しか取れない科目もあるので」と、ファンに報告。ギリギリまで卒業の可否がわからなかったことを明かし、「お騒がせしてすみません」と伝えた。 1年留年したものの、中島は3月16日に行われた卒業式に出席。同日、本人がJohnny’s webの個人連載で「本当にありがとう。そしてSEXY社会人よろしく」とコメントしていた。「21日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)によれば、中島の卒業式にはジャニーズJr.の阿部顕嵐&永瀬廉も駆けつけたそうで、式の開始前に3人で記念撮影をしている様子が掲載されていました。阿部は昨春に明治学院大学に入学しており、雑誌で4月から大学生になると発表していた永瀬も、これで同校への入学が確定。ファンの間では、受験当日に永瀬と行動を共にしていたJr.の菅田琳寧も同校に進学するものとみられています。若手では、関西ジャニーズJr.の向井康二も、22日に大阪松竹座で行われた『関西ジャニーズJr. 春の SHOW 合戦』の中で、大学卒業をファンに知らせたそうです」(ジャニーズに詳しい記者) そして、13年に慶応義塾大学総合政策学部に入学した菊池も、晴れて卒業となった。3月18日放送のラジオ番組『らじらー! サタデー』(NHKラジオ第1)で「卒業決まりました!」「これがたぶん、正式な発表になるかな」と明かし、この先に控えている卒業式について「来ないでください、大丈夫です」と、ファンにお願いした。「23日に行われた卒業式にはスーツに銀髪という個性的なスタイルで出席し、ネット上に盗撮画像が出回っていたものの、ラジオで本人が『来ないでください』と忠告したこともあり、卒業式は大きな混乱もなく無事に終了したようです。また、菊池はOBである嵐・櫻井翔を尊敬しており、プライベートでも交流があります。菊池と同学年には、櫻井の弟・修さんが経済学部に在籍していましたが、会場では菊池と修さんが隣に座って、仲良さそうに会話していたという目撃情報も上がっていました」(同) グループの年長メンバーがそろって大学を卒業した一方、先日は佐藤勝利の口から驚きの発言が飛び出した。佐藤は15日に行われた主演映画『ハルチカ』の大ヒット御礼舞台あいさつで、大学を受験するも、「蹴った」と衝撃事実を告白。高校卒業後は仕事に専念していたが、その裏では進学するかどうか悩んだ時期があったようだ。 今後、明治学院大学には阿部や永瀬、菅田が通うとみられるが、中島や菊池のように仕事はもちろん学業にも励んでほしいものだ。

サイゾーウーマン