ガールズ ニュース ポッド

芸能・映画 2chまとめ/ニュース

昼ドラ『やすらぎの郷』、石坂浩二と野際陽子に急展開! 「サスペンス要素も面白い」と高評価

ニッポンのお茶の間をわかし続ける“昼ドラ”――そのあらすじと視聴者からの反響を、サイゾーウーマンが週2回(月・木曜日)お届けします!『やすらぎの郷』(テレビ朝日/月~金、昼12時30分) テレビ業界人専用の老人ホーム「やすらぎの郷 La Strada」を舞台に、家族、財産(遺産)、過去の栄光、恋、死への恐怖、芸術への心残り……、さまざまな思いを抱える老人たちと、彼らに翻弄される脚本家・菊村栄(石坂浩二)の姿を描く物語。■4月21日(金)/15話〜4月24日(月)/16話  15話で、栄は「やすらぎの郷」理事長の名倉修平(名高達男)とその妻・みどり(草刈民代)から、正体不明の新人作家・濃野佐志美の最新作について相談を受ける。濃野の最新作は、みどりの父で「やすらぎの郷」の創始者でもある加納英吉と、九条摂子(八千草薫)の過去にまつわる実話をフィクションとして仕立てたもの。恋人を亡くし神風特攻隊を慰問した終戦前後の辛い過去を思い出すことで、摂子が苦しむのではないかと加納は懸念しているという。修平とみどりは、濃野の正体が栄の亡くなった妻の親友・井深凉子(野際陽子)だと告げ、出版を断念するよう説得してほしいと頼み込む。 16話では、栄は濃野こと涼子を、ハッピーと呼ばれているバーテンダー・財前ゆかり(松岡茉優)の祖父が営む人里離れた小料理屋「山家」に誘う。実は凉子は山家の常連で、「濃野佐志美」というペンネームは鯉の刺身から来ていること、「やすらぎの郷」で見聞きしたネタを題材に小説を書いていることを白状する。栄は関係者に無断で作品化している凉子の行為を「パクリ」だと非難。しかし、凉子は、栄の浮気や亡き妻の自殺未遂事件を下敷きにした小説『こわれたピアノ』もすでに発表していると言って栄を狼狽させる。涼子に最新作『散れない桜』の発表を断念させようとする栄は、「これは時間がかかりそうだ」と心の中でつぶやく。 視聴者からは、これまでメインの話に関わってこなかった凉子が濃野だということに驚きの声が続出。「妻の親友っていう複雑な立場の人間に、栄がどう向き合うのか楽しみ」「ほのぼのターンもいいけど、こういう重厚な人間ドラマ、サスペンス要素も面白い」「ここからどう話をつなげていくのかが見どころ」と先の展開に期待の声が上がっている。 SNSでは「全然やすらげない」が合言葉になりつつある『やすらぎの郷』。次回はどんなドラマを見せてくれるのだろう。

サイゾーウーマン

「沖縄に貢献したかった」GACKTの恩返しに地元熱狂!沖縄国際映画祭が閉幕

23日、4日間にわたって開催された「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」は、のべ9万1,000人を動員したレッドカーペットイベントに続き、波の上うみそら公園で行われた「オールエンディング 島ぜんぶでおーきなバンドステージ」をもって華やかに幕を閉じた。 ... 続きを読む

シネマトゥデイ

マスコミ関係者が名指しする、芸能界の“オワコンママタレ3人衆”とは?

 5月26日 私の36冊目となる写真集の講談社から発売になるよ💓 情報解禁してやっと言えた〜☺︎ 今日発売の「FRIDAY」写真集では使われたかったカットが袋綴じで載ってるから ぜひ見てね💞 On May 26, I will relese my 36th photo collectino. I could say liflect the information. Since the but which was used in the photo album is on “FRIDAY” relesed today,please look at it. #写真集 #photo #album #collectino #shooting #講談社 #swimsuit #グラビア #36 #FRIDAY #金曜日 #雑誌 #magazine熊田曜子さん(@kumadayoko)がシェアした投稿 – 2017 4月 20 3:27午後 PDT タレントの熊田曜子が、写真集『The GREATEST!!』(講談社)を5月26日に発売することがわかった。同書は熊田にとって36冊目となる写真集で、2児の母になった今も健在な抜群のプロポーションを生かし、“超王道”をテーマに過去最大の露出に挑戦したという。熊田自ら「これが私の最高傑作です」と語る128ページの大ボリューム作品だ。「熊田の写真集発売はおよそ5年ぶりで、産後初ということもあり話題になっています。しかし、ネットユーザーからは『ママタレでウケなかったから、グラビアに戻ってきたのかな?』といった声が続出中。実は熊田は、2013年に産後ダイエット本を出版するなど、ママタレ路線でタレント復帰を狙っていましたが、ブログにアップした手料理写真の数々が『まずそう……』『料理は苦手なのかな』と話題になったんです。ペニーオークション詐欺事件のステマ騒動も尾を引き、ママタレとして重要な好感度が急落、特に同性の支持は得られずじまいでした。そのため、男性ウケするグラビアに“戻ってきた”と思う人が多いのかもしれません」(芸能記者) 現在のママタレ業界は飽和状態といわれ、多くのタレントがポジション争いを繰り広げている。その争いに負けて“オワコン化”してしまったママタレの1人に、スザンヌが挙げられる。「11年に結婚を発表したスザンヌは、14年に第1子を出産。ブログでは、育児についてつづったり、ママ雑誌の表紙を飾るなど着々とママタレとしての地位を築いていましたが、14年に発売した育児本『mamazanne』(宝島社)が、『育児の参考にしようかなと思ったのですが、まったく参考にならなかった』『日記としてなら良いものかも。ただの幸せのひけらかしにしか思えない』と酷評の嵐に。また、生後1カ月の息子と外出を繰り返して『外出は最低限にすべき』と批判の声が上がるなど、アンチが急増してしまいました。15年の離婚後はメディアへちょこちょこ出演しているのですが、ママタレとして呼ばれているわけではないようです」(芸能誌編集者) さらに、04年に結婚して、06年に女児を出産した新山千春は、“古参”のママタレとして活躍していたが、完全にオワコンになってしまった人物だ。「08年に子ども向け番組のパーソナリティーを務めるなど活躍した新山ですが、同年に始めたブログがたびたび炎上。そのブログ炎上の発端は、スーパーで未精算のコロッケを娘が勝手に食べたにもかかわらず、『かわいかったから怒らなかった』とバカ親っぷりを披露したからでした。また、09年には、週刊誌に夫ではない男性との“手つなぎデート”が報じられ、『子どもを置いて遊ぶなよ』と批判の声が続出。13年にも不倫騒動があり、結局14年に離婚を発表するにまで至りました。さらに15年には、『しくじり先生 3時間スペシャル』(テレビ朝日系)で、ブログを使った“炎上によるアクセス数稼ぎ”の方法を暴露したことで、好感度は大暴落し、最近では、テレビなどへの露出はめっきり減ってしまいましたね。もはや自身も、ママタレとは思っていないのでは」(同) 生き残りが厳しいママタレ界だが、「そもそも業界内では、“ママタレになる=売りがなくオワコンの人”ともいわれている」(前出・芸能記者)という。ママタレブームは、すでに終焉を迎えつつあるのかもしれない。

サイゾーウーマン