ガールズ ニュース ポッド

生活 2chまとめ/ニュース

南米エクアドルの革職人によるアップサイクルは、何から作られている?

ある目的で作られたものがその役目を終えようとする時、別のものに変身させ、新たな価値を与えることをアップサイクルという。 南米エクアドルを拠点とするデザインスタジオ「FUI RECICLADO (フイ・レシクラード)」のデザイナーや若き革職人は、廃材を利用して、バッグやカードケースなどを作り出している。さて、これらは何から作られているだろうか? 名刺入れは、外側がマットなブラック。名刺が約20枚収納

roomie(ルーミー)

そうじが持つ力/部屋が綺麗だから維持したくて掃除頑張る、キッチンが綺麗だから自炊が楽しいと好循環に

542: (名前は掃除されました) 2015/05/21(木) 23:50:19.22 ID:PJp+NEoL 多分すしざんまいの社長だったと思うけど 気になったことはその日のうちに済ませて眠りにつく。みたいなこと言ってたの。 不安なことや、やらなきゃと思う事がなく1日を終えるのが大事みたいな...

ガルスピちゃんねる

衣は軽く、揚げずに焼く。さっぱり味の「揚げないエビマヨ」のレシピ

暑くなると、揚げ物はおもいし調理も面倒になる。でも「エビマヨ」が食べたい……。 そんな思いから考案した「揚げないエビマヨ」は、酸味も加えてさっぱり味に仕上げる。 本来は、えびに衣をつけて揚げ、マヨネーズ、ケチャップ、練乳やコンデンスミルクを混ぜたソースで和える。しかし結構カロリーが高いのだ。 そこで少しヘルシーにアレンジ。衣は軽く、揚げずに焼き、ソースにはヨーグルトとレモン汁を加え、酸味をプラス。

roomie(ルーミー)

古さを活かして。思い出が詰まった築43年の祖父母宅|リノベストーリー

埼玉県川越市、その家を訪ねたのは日曜日の昼時。どこからともなく漂ってくる昼食のにおいがなんとも懐かしく、実家に帰ったような不思議な感覚を覚える。この築43年の家に住み、4年にわたってセルフリノベーションに取り組んでいるのが、プロダクトメーカーのデザイナーとして働く安田太陽さんだ。安田さんにとって、通勤時間は1時間以上かかるというのこの家に住む理由と、セルフリノベーションのおもしろさについてうかがっ

roomie(ルーミー)

ディス イズ 現代人にマッチしたグーな味|甲斐みのりの「スナック・タイム」

口に入れたときのハイな気分、収集欲をかき立てるパッケージ、なんだったらメッセージ性。連載「スナック・タイム」では、文筆家・甲斐みのりさんが、男の空腹を満たすためだけではない「嗜好品」としての食べものを紹介。第1回は、高知では青春の味として知られる「マックのポップコーン」。 小学生の甥っ子を連れて行った映画館で、久しぶりにポップコーンを食べた。私が子どもの頃から、映画を観るときのお供はポップコーンと

roomie(ルーミー)

無塗装仕上げで香りを満喫。末ながく使えるヒノキのシャンパングラス

シャンパングラスといえばガラス製のイメージが強いが、木目が際立つ“木製のシャンパングラス”が誕生した。 木から作られる酒器は、耐水性や耐久性の観点から塗装が施されることが多く、一切のコーティングが施されていないものは枡くらいしかないのだそうだ。さらに、高さがあり口径が小さいものは製作しにくいということも、木製シャンパングラスのような酒器が一般的でない理由のひとつかもしれない。 そんな難しさを乗り越

roomie(ルーミー)

ロシア発、食器棚やテレビを破壊できるサービス。オプションでオフィスも

日頃のストレスが爆発しそうな人に、ぜひロシアに行くことをオススメしたくなるサービスを発見した。 今回紹介する「Destroyery」は、ロシア・モスクワにてエンターテイメントサービスとして開始された、時間制でものを破壊させてくれるサービスである。 ストレス度合いによって、破壊するものをレベル別に選ぶことができるのが特徴だ。 なかなか他で見ることのできない破天荒なサービスではあるが、サイトの予約欄を

roomie(ルーミー)