ガールズ ニュース ポッド

生活 2chまとめ/ニュース

仕事中のそわそわに効く。ユニークな7機能を搭載した、最強のペンが登場

なんとなくソワソワして、集中したいのにできない……。そんな時、作業しつつも気軽にいじれるオモチャがあったら嬉しい。 そんな夢を実現させ、かつ実用的にも使えるアイテム「Fidgi Pen」が誕生した。現在クラウドファンディングサイト・Kickstarterにて好評を博しているアイテムだ。 「Fidgi Pen」は、作業中に息詰まった際、非常に役に立つ存在となるだろう。ペンについている暇つぶし機能は全

roomie(ルーミー)

話すほどに賢く。人工知能搭載の英語学習用コミュニケーションロボット

何かと英語力が必要とされる現代社会。特に会話やリスニング力は、日本にいるとなかなか向上しないと感じる人も多いはずだ。もっと気軽に毎日英語で話して、上達につなげる方法はないだろうか? そんな人にオススメしたい、英語学習のためのさまざまな機能を搭載した、ソーシャルコミュニケーションロボット「Musio X」が誕生。 「Musio X」は、最先端のビジョン認識技術による顔認識や、声紋分析による音声認識が

roomie(ルーミー)

卵かけご飯や餃子、和風パスタに。愛媛県産にこだわった「パクチー醤油」

パクチーファン待望の一品が登場した。 いや、今までパクチーが苦手だった人までもがハマってしまう一品と言えるかもしれない……。 それが、「パクチー醤油」だ。 原料は、こだわりの愛媛県生まれ。明治15年創業の「宇和島の醤油」と、名水百選にも選ばれている「西条市のパクチー」という厳選された組み合わせ。 しかし、ツッコミたくなるのはそのパッケージのデザイン。 何とも形容しがたい顔の正体は、謎の料理研究家「

roomie(ルーミー)

おつまみに最適な、ふき味噌のアレンジレシピ「そら豆のふき味噌和え」

以前紹介した「ふきのとう味噌」のアレンジレシピとして紹介する「そら豆のふきみそ和え」は、和と洋の要素を合わせた春らしい一品。おかずが足りない時やおつまみ、「ひとまずビールを呑んでて」と先付として出すのにも重宝する。 ふき味噌と合わせるそら豆は、1月頃から出回り始め、7月頃までがシーズンだが、旬は4〜6月。ヨーロッパでも比較的身近な野菜として親しまれており、フランスでは「フェーブ(Feve)」、イタ

roomie(ルーミー)

約100種類の植物のために選んだ、ルーフバルコニー付き物件(元住吉)|みんなの部屋

人気連載「みんなの部屋」vol.62。部屋づくりのアイディア、お気に入りの家具やアイテムなどの紹介を通して、リアルでさまざまな「暮らしの在り方」にフォーカスする。 渋谷からも横浜からも約15分、アクセスのよさでも人気の元住吉。駅を降りると「ブレーメン通り」や「オズ通り」といったかわいらしい名前の商店街に、個人店からおなじみの店まで活気ある商店が連なる。面白法人カヤックでプロデューサーを務める兼康さ

roomie(ルーミー)

まるで鳥の巣のようなデザイン。ベロア素材で作られたユニークなソファ

ベロア素材は柔らかく、触っているだけで気持ちいい。そんなベロア素材の極太糸で作られたソファを発見。 見ているだけで、ゴロンと横たわりたくなる「Boa Sofa」は、まるで鳥の巣のようなデザインが特徴的である。 横になったり、座ったり、糸に絡まってみたり……。 大人でもちょっと遊んでみたくなるユニークなデザインのこのソファ。全てハンドメイドでできているため、どこか温かみのあるデザインとなっている。

roomie(ルーミー)

捨て忘れても、1週間溜め込むことがなくなる。生ゴミで肥料を作るマシン

少しずつ温かくなり気分は上がるものの、温かくなるにつれて頭を悩ませるのが、生ゴミ。 特に毎日ゴミを出すことができない日本では、1週逃したら匂いがたちこめたり、深刻な問題である。 そこで、クラウドファンディングで、実に希望額の8倍以上ものファンドを達成した「ZERA Food Recycler」をご紹介する。 ZERA Food Recyclerは、家庭用にデザインされたファーティライザー。つまり、

roomie(ルーミー)