ガールズ ニュース ポッド

12月 2日の記事 2chまとめ/ニュース

マーク ジェイコブスが人気No.1ホストに?歌舞伎町「愛本店」で一夜限りのパーティー開催

 「マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)」が12月1日、新宿歌舞伎町の老舗ホストクラブ「愛本店」でパーティーを開催した。愛本店で貸切のファッションイベントが開催されるのは、1971年のオープン以来今回が初。このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。

Fashionsnap.com

夫が会社で倒れたことを義母にメールで伝えたら、「緊急時にメールは非常識、ありえない」と非難された

104: 可愛い奥様 2017/12/01(金) 12:38:34.17 ID:cJxIz1HN0 旦那が会社で倒れて救急搬送されて、会社の上司から私に連絡があり。 急いで搬送先の病院に向かった。 電車の中で義母に、これこれこういうわけで今病院に向かってるとメールを送る。 すぐに義母から着信が...

鬼嫁ちゃんねる

「なんで借りた本に折り目つけんの?しかもそのまま返すとか…」と文句を言うとwwww

639: 名無しの恋愛速報さん 2015/04/25(土) 22:59:50.30 ID:YDaxuhne0貸した本のページの角が何箇所も折ってあった。買ったばっかの単行本なのに。 ついうっかりって感じの折り目ではなく、しっかり2回折られてる。 「なんで借りた本に折り目つけんの?しかもそのまま返...

恋愛速報

オンナを描く漫画家・鳥飼茜に聞いた、女社会の“本質”と母親という女について

 漫画家・鳥飼茜が止まらない。10月には最高傑作との呼び声も高い『先生の白い嘘』(講談社)の完結巻となる8巻、新作『ロマンス暴風域』(扶桑社)1巻、『地獄のガールフレンド』(祥伝社)のスピンオフ本『鳥飼茜の地獄でガールズトーク』(祥伝社)と、一挙に3冊をリリース。さらには「クイック・ジャパン」vol.134(太田出版)で大々的に特集されるなど、まさに大車輪の活躍だ。さまざまな角度から女を描き、そして女をエンパワメントしてきた鳥飼茜の、作家としての現在地を女子マンガ研究家・小田真琴が2回にわたって聞く。まずは前編、テーマは「嘘と女」について。鳥飼茜(とりかい・あかね) 大阪府出身。2004年、「別冊少女フレンド DX ジュリエット」(講談社)でデビュー。2010年に「モーニング・ツー」(講談社)で連載を開始した『おはようおかえり』(講談社)が評判となって一躍人気作家となる。代表作に『先生の白い嘘』(講談社)、『地獄のガールフレンド』(祥伝社)など。女性の心の機微を描き出す力はマンガ界でも随一。現在は「SPA!」(扶桑社)、「ダ・ヴィンチ」(KADOKAWA)、「Maybe!」(小学館)でマンガ作品を連載中。――新作『ロマンス暴風域』は男性週刊誌「SPA!」での連載ということもあって、これまでとはまた違った毛色の作品です。ページの余白が黒く塗り潰されていて驚きでした。鳥飼茜氏(以下、鳥飼) 初めてコピック(高品質のカラーマーカー。マンガのカラーページを描くのによく用いられる)でマンガを描いたんですけど、グレーの階調が多いんで、見た目が散らからないかなって不安があったんです。背景を締めればなんとかなるんじゃないかと考えて。あとは映画見てるみたいな感じになってくれたらいいな、って思ったんですね。なんか、夢みたいな話なんで。――本のサイズも珍しく大きめのA5判ですね。鳥飼 階調が多い絵なんで、大きい方がいいと思います。小さくすると鬱陶しいかもね。でも、私の経験上絶版になるというマイジンクスがありまして……やばいね(笑)。大丈夫ですか(笑)?『ロマンス暴風域』は男の一人称で描く現代の「男のロマンス」だ。風俗店で出会ったせりかに運命の出会いを感じた高校の臨時教員サトミン。ところが次第にせりかは平気で嘘がつける人間だとわかっていく。なにが嘘で、なにが真実なのか。それでもサトミンの心に吹き荒れるロマンスの暴風はやむことがない。――「夢みたいな話」とのことですが、『ロマンス暴風域』のせりかがつく嘘は、もはや幻想的ですらあります。鳥飼 せりかは超嘘つきですけど、私自身からはかけ離れているから、ドラマチックだなあと思って、おもしろく思ったんです。絶対に自分がしないことだから。嘘をつく人のメカニズムが全然わからないんですよね。――嘘かほんとかみたいなことに、あまり興味がない?鳥飼 そうかもしれませんね。嘘でもいいんで。せりかは嘘をつくけど、どれも本当じゃなかったとしても、その瞬間、それを信用して、自分が気持ちよかったらそれでいいんじゃないかって。それが現実と違うからといって、じゃあ意味がないのかっていうと、そうとは限らなくて、その意味をいいものとして持ち替えるかどうかであって、それは対面した本人にしかわからないというか。――マンガもある種の嘘です。鳥飼 私のマンガはよく説教臭いと言われるんですが(笑)、その説教も嘘ですからね。なんにもないところから適当に説教を始めてるんです。真っ白な紙の上に説教を描いてるわけだから、見て来たようなことを。真実味があればいい、本気でつける嘘しかつかない、的な。かっこよく言うとね。――鳥飼作品は嘘から立ち上がる物語が多いですよね。『おんなのいえ』の川谷の嘘とか、『先生の白い嘘』というタイトルとか……。鳥飼 言われてみればそうですね(笑)。ずっと私の作品を読んでる人って、そういう謎の分析をしますよね! でも現実では、たぶん嘘つかれても気づかないくらい、嘘って意識したことないんですよ。前に飲み会の席で「鳥飼さんって浮気されたことないの?」って話になって、「ないですね」って答えたら、「それは騙されているか、世の中に存在するという浮気をしない2%の男とだけ付き合ってきてるかどっちかだな!」って言われたことがあります。昨年全8巻で完結した『おんなのいえ』は、有香とすみ香、2人姉妹の恋模様を描いた女子マンガの傑作。あこがれの職業を諦め、結婚するつもりだった彼氏にもふられた有香は、バイト先のキャバクラで出会った川谷といい感じになるのだが、実は川谷は既婚者で……というのが1巻のあらすじ。――信頼のようなもの、特に女性の共同体に対する無条件の信頼が、鳥飼作品のベースにはあるように感じます。『おんなのいえ』はまさにそうですし、現在「ダ・ヴィンチ」で連載中の『マンダリン・ジプシーキャットの籠城』もそうですね。鳥飼 親戚も家族も女ばっかりだから、それしか知らないんですよね。結婚生活とか同棲中とかは確かに男がいましたけど、その男って単体だからあまり参考にはなりません。単体の男ってとにかく甘え倒すっていうことしか、私は知らないから(笑)。――その中で女という性に対する信頼感が生まれていった?鳥飼 女の人だけの共同体が好きなわけじゃないんです。どちらかと言うと苦手ですね。女友達もあまりいないし、飲みにも行かない。でも信頼はしてるんです。――例えば女同士が足を引っ張り合うような話を描かないのはなぜですか?鳥飼 嫌なんです。見たくない。見たくないから描かない。だから私のマンガはそれこそファンタジーなのかもしれない。そういうのを取り沙汰しすぎちゃうと、本当にあるってことになっちゃうような気がするから。――『先生の白い嘘』の美奈子は比較的、足を引っ張るような女にも見えます。鳥飼 美奈子はマウンティングしてるんじゃないかって言われましたけど、あれは意図的に描いていて、でも実は……って気持ちもあったから、あのラストなんですよ。ママ友の会みたいなところではマウンティング的なものも見ますし、実際にあると思うんだけれど、私がその場で急病になったりするじゃないですか。そうしたら絶対みんな優しくしてくれる。もうマウントとか横において、実際的に助けてくれるんですよ、女は。だから、そういうところだけ見ていたいんです。美奈子は主人公・原美鈴の親友。であると同時に、美鈴を強姦した早藤の婚約者でもある。早藤の行いに美奈子は薄々感づきながらも、それには見て見ぬふりをして、幸せな女であるよう周囲へ盛んにアピールする。そんな鬱陶しいキャラクターではあるが、最終巻では大化け。実は作品の大テーマを背負う存在だったことが判明するので、ぜひ最後まで読んでいただきたい。――そっちこそが女の本質であると。鳥飼 マウントする部分は飾りだな、と思う。その人の本来じゃないなって思うし、その人の本来っていうのは、変な言い方すると、母性に似ているのかもしれない。私の考えはとても甘いかもしれないけど、女の人には、どっか期待してるんですよね。困っていたら助け合えると思ってるし、困っていなかったら助けないし、必要があれば介入するし、必要がなければ介入しない、というのが本来的だと思っている。だけどそれをどっかそれ以上にしたりしなかったりするのは飾りかなって思っていて、その飾りがどこでできたのかっていうと、親との関係とか、きょうだいとの関係とかなんだろうなって思う。――それはこの男社会を一緒に乗り越えて行こうという同胞意識ですか?鳥飼 そういう感じとはまた別で、個として、女の人というものに、絶対的な信頼がありますね。理屈じゃないんですよね、うまく言えないけど。男社会を通してのマウンティングみたいなものは、逆に私はうまく描けないかもしれない。――鳥飼先生自身は親子関係の影響を感じることはありますか?鳥飼 めちゃくちゃありますね。うちはお母さんもめちゃくちゃ働いていたから、あまり家にいなかったんですよね。でも1日2回とか掃除機かけるんですよ。ごはんも全部手作りして。完璧主義……というか、逆ギレでやってましたね。PTAとかには来たこともないし、授業参観にも来たことない。でも家帰ったらきれいに掃除して、晩ごはん作って。きっとお父さんが頼りなかったんでしょうね。お母さんはどこかでお父さんと手を切ったんだな、って感じてました、甘えるのやめたんだなーって。すっごい自立した人なんですよ、お母さん。――作品にも影響が?鳥飼 あると思います。うちの母親はドライで、子育ても手塩にかけて精一杯やりましたという感じでもないんですよ。やれることはやりました、みたいな。小学校低学年くらいのときかな。手をつなごうとして手を差し出したら、小指をつままれたんですよ。べたべたするのが嫌いな人でした。愛情がないわけではないんです。だけど褒められたこともないし、すごく愛されてきたという感じもないし、かといって無視された気もないし、ものすごく適切な距離感というか。だから女の人に対する信頼って、お母さんに対する信頼と似ていると思う。私にとっては唯一神みたいな人です。――子どもだった鳥飼先生を1人の人間として扱っていたのかもしれませんね。鳥飼 そう思いますね。うちの家族、全員そんな感じなんですよ。みんな思ってることが違うし、血液型も全部違うし、バラバラなんですよ。統一感がない。だから家族=他人みたいなところがちょっとあって。他人だけど嘘つかないし、気も使わないし、否定することも別にないし。――寂しくはなかったですか?鳥飼 親に認められていなかったなあとは、ちょっと思いますよ。つい3年前くらいまで「マンガはいいけど、資格かなんか取っておけば?」って言われてましたし(笑)。最近やっと言われなくなったけど、もう娘が自慢で「こんなん描いてるから読んであげて!」みたいな感じはなくて、めちゃくちゃ照れ屋さんだから、こっそり買って読んでるみたいです。実家に行っても私の本は見えないところに置いてあるんですよ。たまに「あんたの漫画ちょっと冷たすぎるんちゃう。だから売れへんのじ ゃない?」とかって言われるんですけど、どの作品のこと言ってるんですかね(笑)。――今はご自身が子どもを育てる立場でもあります。鳥飼 まったく母親みたいには育てられていないです。私はすっごい介入しますね。最近やっと手を離すってことを少しずつ勉強しています。でも根本的には他人だなって感じはすごくありますね。性別も違うし。――男だな! って思いますか?鳥飼 男の子だなーって思いますね。先に子育てをやっておけば、もっと恋愛がうまくいっていたかもしれない(笑)。男の人を追い詰めちゃいけないとか、子育ても恋愛もいっしょだなって思います。――どんな男性に育ってほしいですか?鳥飼 どうなってほしいとかは特にないんですけど、もう手を離していかないとダメだなーって思いますね。マザコンではまったくなくて、あの人はたぶんちょっと女性恐怖症だと思う(笑)。どんな女と付き合うんだろうって思うし、もういっそ女じゃないかもと思うし、それはもしかしたら私のせいかもしれないけど、でもそれはそれでそういう人生もいいんじゃないですかと、どっかで思っていて。私なんかのもとで育っちゃったら、女の人にファンタジーなんて持ちようがないでしょうね。――好きな子とかいたりするんですかね。鳥飼 おもしろいですよ。息子のことを好きな女の子がいるらしいんですが、感慨深いですよね。自分が育てているこの子のことを思って、ちょっと胸を痛めてる女の子がいるのかと思うと、なんかとんでもないことをしてしまったような(笑)。とんでもないものをリリースしてしまったなと(笑)。小学生男子って「お前のこと好きって言ってるぜ」って聞いたら「俺は嫌いだぜ!」って、言うじゃないですか。「それ絶対傷つくから、嫌いだと思っても絶対に言うなよ!」って、そういう感じの演出を親が加えています(笑)。まあ勝手に楽しくなってって思いますけど。 **** 鳥飼作品に独特の女同士のバディ感は、物語全体に安定感と心地よさ、そして時にはスリルをもたらしている。『おはようおかえり』も『おんなのいえ』も、姉妹のやりとり、ケンカのシーンは大きな見どころの1つだった。後編では男について、そしてマンガについて聞いた。 (小田真琴)

サイゾーウーマン

雨や雪の日に使いたい。コンパクトで便利な衣類乾燥機

ジメジメとした日が続くと、洗濯物が乾きにくくて困る。出張や旅行中で雨が降った時には、ホテルでスーツやコートを次の日までに乾燥させたいこともあるだろう。 手軽に衣類を乾燥できて、しかも簡単に持ち運びができるコンパクトな衣類乾燥機が欲しい! 今回は、そんな人にオススメしたい持ち運び可能な衣類乾燥機をご紹介。 Image: Amazon.co.jp 石崎電機から販売されている衣類乾燥機は、場所を取らずに

roomie(ルーミー)

一生忘れられない…女子が語るクリスマスの苦~い思い出とは?

もうすぐクリスマスですが、全員が幸せな1日を送れるとは限りません。むしろクリスマスがきっかけで、彼と別れることになってしまう場合も……。そこで今回は「クリスマスの苦い思い出」について、女性陣に教えてもらいました! 1. フラれてしまった… 「彼と23日から2泊3日で、旅行デートを予定していた。当日待ち合わせ場所に行こうと準備をしていたら、突然彼から電話が。しかも『やっぱり旅行にはいけない』とまさかのドタキャン発言。実はずっと前からほかに気になる子がいたんだけれど、なかなか言い出せなかったそうで。だからって今日言わなくても……。クリスマスは泣いて過ごしました」(30代/会社員) ▽ これは悲しい! キャンセル料はすべて払ってもらえたのでしょうか……。でもクリスマス当日にフラれた経験のある人って、けっこう多いみたいです。普段はおとなしいタイプの男性も、別れを切り出す覚悟がしやすいのかも……。 2. 彼氏の浮気現場を目撃! 「彼から『クリスマス当日は仕事で会えない』と聞いていたので、私はのんびり家で過ごすことに。そしたら女友達から『あんたの彼氏、ほかの女と腕組んで歩いてるよ!』というメッセージとともに、証拠写真が送られてきた。私も急いでその場に駆け付けて、友達と軽く尾行。ふたりはそのままホテルへと消えていきました……」(20代/一般事務) ▽ 世間は狭いので、ひょんなことから彼の浮気を知ってしまうことも。クリスマスにこんな彼の裏切りを知ってしまったら、ショックすぎて立ち直るのに時間がかかってしまいそうです。 3. 彼氏と大ゲンカに… 「『クリスマスデートは俺に任せて』というので信用していたんだけど、実際はお店すら予約していなかった。彼氏に『なんで予約してないの?』と言ったら、『こんなに混んでいるとは思わなかったんだもん!』と逆ギレまでされる始末。寒空の下、駅前で口論する羽目に……」(20代/美容関係) ▽ クリスマスはどこも混んでいる上にすごく寒いので、ちょっとしたことでイライラしがちに。いつの間にか大ゲンカになってしまい、そのまま破局を迎えるカップルも……。今後も彼とうまくやっていきたいのであれば、ハプニングも笑顔で乗り越える必要があるでしょう。 4. デート中に体調不良に 「クリスマスに彼氏とお泊りデートをしたんだけれど、食べ物が当たってしまったみたいで……。夜中にお腹が痛くなるし気持ち悪くなるしで大変だった。地獄のようなクリスマスでした」(30代/販売) ▽ 風邪もはやるこの季節は体調を崩しがちに。それがずっと楽しみにしていたクリスマスデートに重なってしまうと、本当に最悪ですよね……。彼氏にも申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまいます。できるだけ予防をしつつ、当日も疲労を溜めすぎないようにしたいものです。 苦い思い出の次には、きっと楽しいことが待っているはず! 今年のクリスマスは素敵なものになるよう、いまから入念に準備しておきましょう! あわせて読みたい ●●を見ればすぐにわかる!「いい女」に共通する3つの条件 奮発して買ったのに…!! クリスマスプレゼントの大失敗エピソード4つ みんなに聞いてみた! これまでに悲惨だったクリスマスの思い出は? 身も心も寒すぎる! ヘンテコ彼のクリスマスプラン5つ 付き合っている期間別! 彼と過ごすオススメのクリスマスデートプラン

GooGirl

向こうの親が、洗濯物どうするの?って彼氏に聞いたとき「○○(私)がやるからいいよ」って答えたときは、なんだこいつって思ったwwww

420: 名無しの恋愛速報さん 2008/12/07(日) 19:53:49 ID:Imkc1+3yO彼氏のお母さんが入院しちゃって、最近家のことで忙しい。 私も出来ることはするつもりだった。 でもこのあいだ向こうの親が、洗濯物どうするの?って彼氏に聞いたとき「○○(私)がやるからいいよ」って...

恋愛速報