ガールズ ニュース ポッド

2月10日の記事 2chまとめ/ニュース

失恋あるある? 女子たちが失恋したときに「やりがちなこと」5選

ああ、失恋しちゃった……。そんなとき悲しい気持ちを晴らそうとして、何か行動しなくちゃ! と思うこともありますよね。一体、どんなことでショックを打ち消そうとするものなのでしょうか? 今回は女性たちに聞いた「失恋したときにやりがちなこと」をまとめてみました! 女子たちが失恋したときに「やりがちなこと」5選 1. とにかく大声で泣きまくる! 泣くなんて絶対イヤ……と思っていたけれど、思いっきり泣いた方がスッキリするはず! と大声で泣いて、泣きつかれたら「ああ、スッキリ」と気持ちが落ち着くなんてこと、ありませんか? 家族がいる場合、お風呂の中に顔をつけてバレないように大泣きしたり。 「泣くのは我慢しない方がいい! とあえて彼との楽しい日々を思いだして、大声で泣きまくりました! 泣きつかれちゃうと、意外とスッキリして『なんか落ち着いた~』ってなるし」(28歳・ネイリスト) ▽ あえて悲しい気持ちをマックスにして、大泣きする「失恋デトックス」もアリです。 2. 悲しい「失恋ソング」を聴く・歌う 自分の気持ちと重なるような「悲しい失恋ソング」を聴いたり歌ったりして、失恋気分に浸ったことがあるという女性も多数! カラオケで失恋ソングばっかり歌って「ばかやろ~!」と彼を忘れようとしたり……。感情移入して泣きながら歌ったという声も! 「今となってはネタですが、失恋したときに友達とカラオケに行って、あえて失恋ソングだけを歌って感情に浸った思い出があります! 歌詞に自分の状況を重ねるっていう(笑)」(31歳・アパレル関連) ▽ 失恋なんて! と大声で歌うことで、気持ちが切り替えられて前向きになれたりして……。 3. 友達に「失恋話」を聞いてもらう 失恋した悲しみを「友達」が救ってくれることもありますよね! 女友達に電話して「フラれた~!」と女々しい話をえんえんと聞いてもらっているうちに「悲しみが和らぐ」なんてことも。男なんて……やっぱり持つべきものは女友達! って思いますよね。 「友達に失恋話を聞いてもらえてスッキリしました! 優しい友達なので、私の女々しい愚痴にずっと付き合ってくれて、話を聞いてもらえただけで救われた」(32歳・通信会社勤務) ▽ 友達に電話したり、会って話を聞いてもらえるだけで「なんか安心」できるから不思議。 4. 甘いものをドカ食いしちゃう ダメって分かってるのに「ケーキをドカ食い」「夜中にアイス爆食い」など甘いもので、失恋の悲しみを忘れようとしてしまうことも? 甘いものを食べると気持ちが落ち着く効果があるから、ついつい口にしちゃうんですよね……。 「ダイエット中だったのに、失恋したときにショックで夜中にアイスをドカ食いしてしまった。特大のアイスカップを抱えて、ガッツリ食べている私を見た弟が『欧米かよ』と(笑)」(31歳・アパレル関連) ▽ 失恋で甘いもののドカ食い、映画のワンシーンでもよくあるシーンですよね! 甘いものは人を幸せにするんです! 5. 美容院で「イメチェン」する 髪をバッサリ切った女性に「失恋?」なんて古い……と思いきや、意外と「美容院でイメチェンした」という声も目立ちました。新しい恋をするために、もっとキレイになってやる! と髪形を変えることが気分転換になって、前向きになれることもありますよね。 「ヘアスタイルを変えて、気分転換をした! やっぱり気持ちが前向きになれるし、もっとキレイになって彼に『いい女だったのに惜しいことしたな』って思われたら最高ですよね」(29歳・マスコミ関連) ▽ 気分を切り替えて、前に進もう! となるとやっぱり「外見磨き」が効きますよね。 後になったら「面白いことしたな~」と笑って話せる失恋あるある。どれも前向きに気持ちを切り替えるために必要だったりしますよね! あわせて読みたい ●●を見ればすぐにわかる!「いい女」に共通する3つの条件 失恋したらコレ! 「新しい恋をする」以外で彼を忘れる方法5つ 失恋したあとにあなたがやるべき6つのこと 失恋後に起こるラッキーなこと10個 傷つかないなんてナンセンス! 失恋を糧にしてHAPPYになろう

GooGirl

ピンとこなかった海外、「裏日本」に心酔――旅する人の“視座”を感じる旅行記3冊

――本屋にあまた並ぶ新刊の中から、サイゾーウーマン(サイ女)読者の本棚に入れたい書籍・コミックを紹介します。今月は、遠くても、近くても、どこか旅行に行きたくなる3冊を紹介。■『こういう旅はもう二度としないだろう』(幻冬舎/銀色夏生) 『こういう旅はもう二度としないだろう』は、子育てがひと段落した銀色夏生が、しばらく行くことのなかった海外旅行に挑戦する紀行エッセイ。約半年の間に怒涛の勢いで、ベトナム、ニュージーランド、スリランカ、インド、イタリアと、5つの団体ツアーにほぼ1人で参加している。 1カ国目、「準備運動」として選ばれたベトナム・ホイアン4泊5日の旅は、3人組グループと、おじさん1人と、著者の5人が参加する小規模なツアー。世界遺産をめぐり、マッサージを受け、旧市街や遺跡を散策する。市街の活気あふれる様子や自然などの描写から、それなりに旅情を感じているように読めたが、帰国後「楽しいことは一つもなかった」と言い切る潔さに、つい笑わされてしまう。楽しんでなかったのかよ! と、思わず突っ込みを入れつつも、団体ツアー特有のマイペースに過ごせないもどかしさや、知らない他人と行動を共にする息苦しさには、共感する人も多いだろう。 そんなベトナムツアーの後も、明らかに個人行動が好きそうなのに「なんとなくおもしろいかもしれない」という理由で、参加者全員が集会所に寝袋持参で雑魚寝するニュージーランドのスピリチュアルなツアーに参加したり、仏教に特別の興味はないのに「カネコさん(添乗員)の感じがよさそう」という理由で、スリランカの仏教美術ツアーに参加したりと、直感でかなりディープなところに突っ込んでいき、「こういう旅はもう二度としないだろう」と収束する。最後のイタリア旅行を除けば、ほぼ「ピンとこなかった旅についての旅行記」という、ちょっと面白くなさそうなテーマにもかかわらず、するすると読めるのは、大げさに褒めたり貶めたりしない著者のニュートラルな視線が、かえって旅先の情緒を際立たせているからだろう。 また、本書は旅行記であると同時に、ツアーに参加した人々の観察記でもある。ディープなテーマを持ったツアーに参加する人は、やはり独特のパーソナリティがある。そんな参加者にも、切れ味のよい観察眼が向けられているが、その視線は品良く、冷静だ。時に、苦手そうに思えた人物との出会いが、最終的には「よい出会いだった」と転がることもあると、思い出させてくれる。 著者にとって、本書でつづられた半年は「家族のためではなく、本当に自分の好きなものを選ぶ」という感覚を取り戻す過程だったのかもしれない。「二度としない旅」を、著者の視線で追体験するうちに、読者自身も自分にはどんな旅が向いているか思いを馳せたくなるだろう。そして、多分「合わない旅」になるとしても、とりあえず実行したくなる。著者も言うように、どんな旅も「もう一度繰り返したくてもできない旅」でもあることは間違いない。 ■『裏が、幸せ。』(酒井 順子/小学館文庫) 人気エッセイスト・酒井順子が、“日本海側の日本=裏日本”の魅力に焦点を当てたエッセイ『裏が、幸せ。』。「裏」という言葉には「大切なものがある場所、高貴な方がおられる場所」という意があることを示し、日本海側の風土や文化について、敬愛をこめて考察している。 山陰本線、能登、丹後や若狭――東京に生まれ育ち、日本中を旅行してきた著者が衝撃を受けた旅行先は、必ず日本海側だったという。本書では、金沢や出雲大社などの日本海側でもメジャーな観光地だけでなく、鳥取や新潟、富山や秋田など、あまり知られているとはいえない土地の魅力もたっぷりと語られている。さらに、作家・泉鏡花や水上勉の特質、田中角栄の生涯を追うことで、日本海側に住む人々の気質にも迫る。 美しい風景や質の高い小売店が当たり前のように日常に溶け込み、「都道府県幸福度ランキング」では常に上位に食い込む「裏日本」に、著者は「北欧っぽい資質」を見ている。“観光面では、裏日本は東京を目指さなくてもいい”という視座による、「陰や湿度や静寂や人の少なさ」に重点を置いた日本海側の紹介は、派手でない落ち着いた旅を求める人に役立つものとなるだろう。 前情報なしの旅行ももちろん楽しいが、旅先の土地にまつわる雑学や知見は、時に目の前の光景をより色鮮やかにする。そんな旅行の1つの楽しみ方を、感じさせてくれる1冊だ。■『温泉天国』(アンソロジー/河出書房新社) 『温泉天国』は、川端康成や小川未明、井伏鱒二といった文学史に名を残す作家から、つげ義春、村上春樹、角田光代ら人気作家・漫画家、著名人の温泉にまつわる名エッセイ32篇を集めた1冊。春夏秋冬、北海道から九州、海外までさまざまな温泉の思い出が、いきいきと活写されている。 アンソロジーの良いところは、多種多様な名文が一冊で楽しめるところ。本書にも、国内に限られるが、近代から現代まで幅広い作家が収められている。混浴で出会った16~17歳の少女の肢体をやたら事細かく綴る太宰治、千人風呂で潜水艦遊び(水面から出した局部に手拭いを投げる)をやったら楽しかろうと夢想する北杜夫――などなど、短いエッセイでもそれぞれの作家らしいエッセンスが詰まっていて、次に読みたい作家を探すのにも適している。また、角田光代や松本英子がユーモアをこめて振り返る「親孝行で母を温泉旅行に連れて行ったら母が口うるさい(けど楽しい)」というエピソードは、女性ならではの共感しやすい一篇かもしれない。読んでから温泉に向かうもよし、旅行中に読むもよし、気楽に楽しめる1冊だ。 (保田夏子)

サイゾーウーマン

俺「海外旅行しよう」彼女「行きたくない」俺「テロの事もあったし、気にしてんのかな…」彼女「子宮の中まで見られるんだよ!身体の中を知らない人に見られてもいいの!」

引用元:スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談Part16 240:名無しさん@おーぷん : 2015/11/25(水)16:52:24 ID: ID:rvQ 話の流れを読まずに投稿スマソ他の人の意見が聞きたいもう結 […]

ふよふよ速報。

『スター・ウォーズ/エピソード9』夏製作スタート!ハン・ソロ映画映像もD23で公開

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)からスタートしたシリーズ新三部作を締めくくる『スター・ウォーズ/エピソード9(仮題)』の製作が夏にスタートすることが、10日に舞浜アンフィシアターで開催された、ディズニーファンイベント「D23 Expo Japan 2018」内ルーカスフィルムの新作映画発表で明らかになった。 ... 続きを読む

シネマトゥデイ