ガールズ ニュース ポッド

7月10日の記事 2chまとめ/ニュース

従姉妹の結婚相手が子供を事故で亡くしてバツイチになった人。事故の内容はその結婚相手が原因だった

773: 名無しさん@おーぷん 2018/07/09(月)08:34:15 ID:MT6 従姉妹が結婚すると昨日の親族の集まりの中で話題になった。その結婚相手が転職前の会社の先輩っぽい。苗字が珍しいし子供を亡くしてバツイチになったって情報から判明した。従姉妹や従姉妹両親はバツイチも納...

鬼嫁ちゃんねる

セックスは何歳までする?セックスが楽しめる年齢とセックスの変化

突然ですが、セックスは何歳までするものだと思いますか? 昔は60代といえば「ご老人」でしたが、現代のシニア層は若々しくて、とても元気。脂がたっぷりのっているような生き生きした方も多いです。世の中の人は、何歳までセックスをしているのでしょうか? また、何歳までセックスをしたいと望んでいるのでしょうか? ちなみに筆者は、学生のころ、アルバイトをしていたカラオケボックスで、明らかに70歳オーバーの男性客と女性客が部屋のなかでセックスしているのを見てしまったことがあります……(カラオケボックスでのセックスはくれぐれもご遠慮くださいね!)。

Menjoy! メンジョイ

意外と効果が? 彼にヤキモチをやかせるのってあり? なし?

なんだかわたしばっかり好きな気がする、彼が草食男子でなんが物足りない……というみなさん。不安や不満が募ると、彼にヤキモチをやかせてちょっと強めに求められたいという願望がでてきますよね。しかし、やり方を間違えると、二人の関係にヒビが入ってしまうことも……。今回は、彼にヤキモチをやかせるのはありかなしか、成功談と失敗談のエピソードをご紹介します。 ヤキモチをやかせて効果ありの場合 ・「仕事や趣味が忙しくなって彼を放置しちゃってたら、彼があとからヤキモチをやいてきて、意外だなーと思いつつも可愛く感じました。ちょっと関係がマンネリしてたので、ちょうどよかったですね」(29歳/アパレル) ・「彼と一緒にいるときにたまたま弟からLINEが。下の名前だけで登録してたので、ほかの男の子とLINEしてると思っちゃったみたいで、ちょっと彼がイラついてる様子に。そのあと、弟からLINEがきてたと伝えたら彼も機嫌がなおって、そのあとはいつもよりイチャイチャしちゃいました」(27歳/インテリア) ▽ 適度なヤキモチはいいスパイスになります。ポイントは重すぎないちょっとしたことでヤキモチを誘うこと。仕事や趣味、女友達との交流で忙しいそぶりをして、いつもより彼を放置するのは効果があるようです。ほかの男の子と連絡を取り合っているというのも彼の独占欲を刺激しますが、「え? そんなチャラい女だったの?」と思われかねませんので、あとからしっかりフォローをすることが大事。自分が嫉妬していることに気が付いて、彼の気持ちが燃え上がることもあるようです。 ヤキモチをやかせて失敗の場合 ・「彼の目の前で何とも思ってない男の子とあえて仲良くしてみたら、彼を怒らせてしまって喧嘩に……。そのまま溝ができて、別れてしまいました」(27歳/販売) ・「元カレから連絡がきたと彼に報告。『ヨリもどそうって言われちゃったー』と言っていたら、『そっちがいいならそっちにいけば?』と冷たく言われちゃいました」(29歳/公務員) たしかにヤキモチは時に二人の関係に刺激を与えてくれますが、やり方を間違えると高確率で彼に失望されてしまうので注意が必要。「元カレが~」と騒いだり、別の男の子とわざと目の前でイチャついたり……なんてことはご法度です。たしかに彼はヤキモチをやき怒りますが、それはあなたに対する失望を意味します。焦ってあなたを取り戻そう、なんてことは考えず、「こんなにチャラい女の子だったのか?」「そっちがいいならそっちに行けばいい」なんて思考になってしまうのです。 ヤキモチをやかせるにはライトな手段で 彼に有効的にヤキモチを焼かせるコツは、ほかの男や元カレとベタつくよりも仕事や趣味などの健全な方法でヤキモチをやかせましょう。または、「彼女はそんなつもりないけど、ほかの男が狙っている」という状況も、男としての独占欲を掻き立てられます。男友達があなたのことを狙っている……ということが彼の耳に入る状況をつくりだすことが必要となりますが、リスクも高いので仕事などのライトでシンプルな方法でヤキモチをやかせるほうが、安全かもしれませんね。 あわせて読みたい ●●を見ればすぐにわかる!「いい女」に共通する3つの条件 うれしい嫉妬かも? 独占欲にキュンとなる「彼のヤキモチ言動」4選 嫉妬させすぎは冷める原因!? モテ子が実践するほどよいヤキモチ5つ 彼氏が彼女にやきもちをやく8つの瞬間 恋愛に嫉妬はつきもの! 嫉妬を回避する面白い方法

GooGirl

男尊女卑や性暴力、女性の人権に対する日本人の民度を検証する「女性自身」

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!麻原彰晃ら7人の死刑が先週金曜日に執行された。人数といいタイミングといい異様なものだが、日本世論にはむしろ歓迎ムードさえ漂っていたことも異様だ。しかも、先進国の多くが死刑廃止に舵を取る中、今回の大量執行でも死刑制度についての議論さえないとは――。第420回(7/5〜7/10発売号より) 1位「伊藤詩織さん 『バッシングに耐えきれず昨秋移住。英国では告発に激励メールが殺到!』」(「女性自身」7月24・31日合併号) 2位「人生100年時代の『女性の生き方』対談 勝間和代『もう我慢しない。自分のしたいことを!』 香山リカ『LGBT告白も、その表現なんですね』(「女性自身」7月24・31日合併号) 3位「ベッキーCM会議で飛び出した“厳しい”ひと言」(「週刊女性」7月24日号) 先月28日、イギリスBBCが放送した伊藤詩織さんの密着ドキュメンタリーは大反響を呼んだが、これを「女性自身」があらためて特集している。 ジャーナリストの山口敬之氏からの準強姦被害を訴えた伊藤さんが、バッシングにより身の危険を感じ、イギリスに移住を余儀なくされたこと、またドキュメンタリーの放送後、イギリスの視聴者から数百件の激励があり、逆に誹謗中傷は一切なかったことなどが番組内容とともに紹介されている。 このドキュメンタリーが『日本の秘められた恥』と題されているように、確かに日本ではレイプ告白をした伊藤さんへのセカンドレイプ的バッシングが巻き起こった。それだけでなく、このドキュメンタリー放送後も伊藤さんやBBCに対するひどい罵詈雑言がネットで飛び交ってもいたのだ。 まったくもって、この国の男尊女卑や性暴力、女性の人権に対する民度の低さには愕然とするが、イギリスでは真逆だという事実に勇気付けられる。さらに「自身」記事で注目すべきは、伊藤さんをネット番組で非難し、BBCのインタビューにも答えた衆院議員の杉田水脈氏をクローズアップしていることだ。 BBCで杉田氏は「女として落度がありますよね」などと、相変わらずの伊藤さんバッシングを繰り広げていたのだが、「自身」記事では人権問題に詳しい武井由起子弁護士が、杉田氏の言動を分析している。それが極めて正論で痛快なのだ。武井弁護士は、まず日本のジェンダーギャップ指数が144カ国中114位と極めて低いことを指摘した後、こう語っている。「男性優位の日本社会で女性が認められるためには、自分を押し殺し、男性以上に男性の主張を代弁するような存在にならなければいけなかったのでしょう。そういう意味では、杉田議員はかわいそうな女性です」 また武井弁護士は、“飲酒してレイプされたら女性の落度”などという考えを持つ国会議員は大問題であり、また伊藤さんの事件が起訴されなかった背景には、日本の司法の体質があること、そしてレイプ犯罪の立件が困難な構造的理由を指摘し、「こうした問題点を、杉田議員は認識していないのでは」とバッサリぶった切った。 爽快である。そもそも勇気をもってレイプ被害を警察に訴えたにもかかわらず、政治的圧力によってもみ消されようとしたのが、このレイプ事件だ。それに対し、伊藤さん自身が必死に調査した上で、その被害を告白した。そうした女性に「女として落度がある」などという女性国会議員が存在していることが驚きであり、それこそが日本の“恥”なのだから。 伊藤さんの事件が国際社会に広く放送されたことで、杉田氏の言動が“恥”として非難され、一方で伊藤さんの行動に称賛の声が集まる。それをあらためて検証し、日本の病理をクローズアップした「自身」。男性週刊誌では絶対“できない”ではなく“しない”良質な記事だった。 そんな「自身」だが、もうひとつ興味深い記事があった。それが勝間和代と香山リカの対談だ。勝間といえば現在女性パートナーと同居するLGBTだとカミングアウトし話題になったが、この対談ではLGBTへのこんな“差別”に言及している。「たとえば男性と女性のカップルに『2人でどうやってベッドに入るんですか?』と聞かないですよね。でも、男性同士や女性同士のカップルには、平気でそういうことを聞いてくるんです」 確かに。しかし一方で勝間は、自身のカミングアウトについて好意的な報道ばかりだったことによって、LGBTの存在が“当たり前”になっていくのではないかと指摘する。いやいや、まだまだ差別はあるし、勝間が著名人であるなど“特殊”な環境にあったことが大きいとは思うが、まあ前向きなのは結構なこと。そこに今度は香山がこう切り込むシーンも。「でも、LGBTへの差別がなくなりつつあるのに比べて、いわゆる在日外国人への差別はぜんぜんなくならず、むしろ逆行している」 これもまた、おっしゃる通り。重いテーマだが軽妙さを残しつつ展開する、なかなか面白い対談になっているのだが、その中でも一番爽快だったのが、こんなやり取りだ。「香山 二階俊博自民党幹事長が“子どもを産まないというのは勝手な考え”と言ったこととかね。  勝間『だったらお前が産めよ』と思いますよ(笑)。」 そうだ、そうだ!! 二階が産め(笑)。 さらにさらに3位も女性差別絡み。不倫で干されたベッキーだが最近はテレビでもチラホラ見かけるし、熱愛報道も。しかしCMは敷居が高いらしい。あるメーカーと広告代理店のCM会議で、こんなやりとりがあったとか。「主婦層は嫌いでしょ、ベッキー。あと矢口(真里)。主婦向け商品では絶対ダメだよ」 おそらく男性の発言ではないかと推察されるが、このオヤジの認識が“主婦の認識なんてそんなもの”という上から目線の“主婦差別”なのか、はたまた主婦層が本当に差別的なのかはわからないが、同じ不倫で高齢者向け商品「ハズキルーペ」に出まくっている渡辺謙はOKで、ベッキーはいまだダメ、というところに日本社会全体の“差別”を感じてしまった。

サイゾーウーマン

バーベキューコンロ型だと!?このケースなら、蚊取り線香が使いたくなる~

憎き蚊と、スマートに戦いましょう。 夏は大好きだけれど、毎年嫌になるのはアイツの存在……。そう、アイツといえば「蚊」! そんな蚊と戦うアイテムとして昔から重宝されているのが蚊取り線香ですよね。効果も抜群なのですが、1つ問題をあげるとすると、ルックスのつまらなさ。 そこで今年の夏はスマートに、天敵達と戦おうではありませんか。 インテリアとしても飾っておける、おしゃれな蚊取り線香入れ 一見、部屋に飾る

roomie(ルーミー)