ガールズ ニュース ポッド

10月 6日の記事 2chまとめ/ニュース

私の結婚が決まった。友人『昔は一重だったよね?アイプチのオススメ教えて』私「昔から二重だし使ってないいよ」急に変な絡みをされるようになり…

引用元: ・スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談part104779: 名無しさん@おーぷん 2018/10/05(金)07:51:01 ID:zzN 地味に腹が立つこと私は中高一貫の学校に通っていて、そのとき仲が良かった子達と社会人になってからも定期的に遊んだりしている最近、私の結婚が決...

結婚速報

元カレのSNSをストーキングしていると起きること6つ

「別れた彼氏に未練はない」なんて言いながらも、眠れない夜にこっそり彼の近況を探ろうと、彼のSNSのページを覗いているという人も多いはず。今回はそんな、元カレのSNSをストーキングしているときに起きることあるあるをまとめてみました。 元カレのSNSチェックで起きること 1: 新しい彼女らしき人を発見して焦る なにやら近頃、彼のことをよくタグ付けしている女子を発見。コメント欄を見てみると、ただの友達とは思えないほど親しげな会話を交わしていることに気付き、「え? もしかして新しい彼女ができたの!?」と焦り始めるのです。 2: 新しい彼女らしき人のページをチェック とりあえず、一体この女の子が何者なのかを探るべく、新しい彼女らしき人のページをチェック。過去写真などを見ながら「なんだ、この女大したことないな」なんて失礼な査定をスタート。自分自身も自撮り写真を投稿するときにはフィルターをふんだんに使っているくせに、この女の子がフィルターを使っていることに対して「SNS上でだけはキラキラした自分を演じてるのね、可哀想な女」と悪態をつくのです。 3: 2人がいつから知り合いだったか調査 元カレとこの女の子がいつから友達だったのか調査を開始。お互いにコメントをしたり、「いいね!」をし始めた時期がいつなのか、一つ一つの投稿をくまなくチェック。すると、どうやらあなたが彼と交際中だった頃からこの2人が知り合いだったことを発見。しだいに「もしや、私達が別れた原因はこの女にあったのでは!?」と疑い始めるのです。 4: 彼が自分と交際していた事実をすべて削除していることに気付く 交際中に彼があなたについて書いたことや一緒に写っている写真をすべて削除していることを発見。SNS上からは、完全にいない存在にされていることに気がつくのです。まあ、新しい恋人に過去のことを見られたくないという気持ちはわかるものの、ちょっと寂しい気持ちに。 5: 元カレを含めた仲良しグループからハブられていることに気付く 元カレと交際していたときによく遊んでいた仲良しグループと、破局以来疎遠になってしまったなと思っていたものの、彼は今でもそのグループと一緒に遊んでいることがわかる投稿を発見してしまう。そして自分だけがハブられていることに気がついてしまうのです……。 6: 彼の投稿に「いいね!」を押してしまう 「私だけ誘われてない……。誰が参加していたんだろう?」なんて思いながら、タグ付されている人の名前を見ようとしたところ、誤って彼の投稿に「いいね!」を押してしまう事態に。急いで「いいね!」を取り消すも、間違いなく彼のSNSには、あなたの「いいね!」のお知らせは飛んでいるのです。 あわせて読みたい ●●を見ればすぐにわかる!「いい女」に共通する3つの条件 新しい彼女ができた元カレにきいてみたい8のこと 別れたはずなのにモヤモヤ……元カレへのイライラを解消する方法 【実録】新彼女発見!? 元カレのSNSどこまでチェックする…? 別れたあとに連絡がくる? 元カレあるある

GooGirl

これが現実…新婚の頃と今で変わったこと

新婚の頃は「いつまでもこの幸せが続きますように……」なんて祈った人も多いとは思いますが、一緒に暮らす期間が長くなるにつれて、ラブラブモードではなくなってくるもの。人間は変化する生き物なので、いつまでも同じというわけにもいきません。それでは、新婚と今はどんなことが変わってきたのでしょうか? 新婚の頃と今で変わったこと 体重が増量 「新婚時はどちらかといえば標準より軽めだったけど、結婚したら体重が6kg増量。夫と一緒に美味しいものを食べたり晩酌をしたりしているせいか、夫婦ふたりで太った(笑)」(30代/IT) ▽ もっとも多かったのは、体型が変わったというものです。年齢もあると思いますが、恋愛市場に繰り出さなくなったり、パートナーがいることに安心して体型が崩れてきたという人が多くいました。夫婦で食べ放題に行くことが増えたり、晩酌をしたりする人はふたりとも同時に増量していくのだとか。 会話の内容が現実的に 「新婚の頃はお互いに興味津々でいろんな質問をしたりいちゃついたりしていたけど、今は特に話題がない(笑)。話すことといえばお金のことばかり」(30代/保育士) ▽ 新婚の頃は相手の存在があるだけでいつまでもずっと一緒にいられるような気がしていましたが、結婚生活も長くなると話すこともなくなります。お互いのこともある程度わかっているため、相手への興味も薄れてくるもの。そのかわり、家のローンや子どもの養育費など、現実的な金銭面での話し合いも増えていくようです。ラブラブな甘い会話よりも、現実を生きるための会話が増えていくのかもしれませんね。 「いってらっしゃい」→「ゴミ出しておいて」 「結婚したばかりの頃は『いってらっしゃーい』って玄関先まで見送っていたけど、今は『ゴミ出しておいてー!』ってリビングから叫ぶだけ(笑)。玄関まで見送りに行くのが面倒くさくって……」(20代/主婦) ▽ 見送りのときにいってらっしゃいのキスをしていた新婚の頃。時間がたつにつれ、わざわざ玄関まで見送りに行くのが面倒くさくなったという人も。見送りに行く代わりに「今日はゴミの日だから出しておいて」などと頼み事をする人も少なくないようです。お見送りよりゴミ捨てのほうが大事なのも現実的ですね。 料理のメニュー 「結婚した頃は旦那の好きな料理を作ろうって思って張り切っていたけど、今は簡単ですぐに作れるものにしようって思う。リクエストを聞くよりも時短で作りたい(笑)」(30代/パート) ▽ 喜んでもらえるものを作りたいという思いから、いかに時短で簡単につくれるかを重要視するようになるのが結婚生活が長くなった妻たちです。仕事と両立していたら一層、食事を作るのは大変ですよね。 「残業寂しい」→「え、もう帰ってきたの?」 「『残業で遅くなる』って聞くたびに寂しい気持ちになっていたあの頃がなつかしい……。今は『え、もう帰ってくるの?』っていう気持ちになる。遅くても寂しいとは思わなくなったなー」(30代/主婦) ▽ 残業で遅くなることが寂しかったのは昔の話。結婚生活が長くなるとお互いの時間を楽しむことが増えるので、逆に早く帰ってきたら驚くくらいです。寂しさよりは驚きに変わっていくようですね。 あわせて読みたい ●●を見ればすぐにわかる!「いい女」に共通する3つの条件 結婚したら何が変わるの? 結婚後の女性におとずれる変化 新婚のようにラブラブな気持ちを復活させる5つのシークレット 結婚後に実家を離れた妻を襲った知られざる苦労とは? おかえりと笑顔で迎えてほしい! 男の本音と勝手なプライド

GooGirl